新富良野プリンスホテルの天然温泉「紫彩の湯」がおすすめ

新富良野プリンスホテルの紫彩の湯(天然温泉)

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

今回は北海道富良野市にある新富良野プリンスホテルに付属する天然温泉「紫彩の湯」をご紹介します。

スキーやスノボーで疲れた体を癒すにはピッタリの天然温泉です

温泉施設は新富良野プリンスホテルの内部にあり、外にでる必要はありません。

私は富良野スキー場にある数あるホテルの中で、この天然温泉の存在がホテルを選ぶ決め手になりました

結果、天然温泉のある新富良野プリンスホテルで大正解でした

上質な塩化物泉でポカポカと体が温まり心身共にリラックスすることができました。

そんな新富良野プリンスホテルの天然温泉「紫彩の湯」の詳細をご紹介します。


お湯やお風呂の種類は?

 

お湯の詳細
源泉名:富良野温泉(日本衛生 温 第140号)

泉質:含よう素-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(アルカリ性・高張性・低温泉)

泉温:26.8℃

加温:入浴に適した温度に保つために42℃を基準に加温

循環ろ過:循環ろ過装置を使用し、塩素系薬剤を使用

温泉施設のお湯は無色透明です。塩化物泉でもあり舐めると塩っぱいです。

ホテルに付属している天然温泉としては十分に良質な塩化物泉です。スキーで疲れた体と塩化物泉との相性が良く、温泉に入った後はすぐに眠たくなって熟睡できました。

お風呂の種類は?

「内風呂、露天風呂、水風呂」

一般的なスーパー銭湯と比べるとお風呂の種類は少なくてシンプルです。

内風呂にはジャグジーが出ている部分もあります。露天風呂は冬場はマイナス温度になりますのでかなり寒いです。

露天風呂には深い部分と浅い部分とがあり、空いていれば浅い部分は寝転び湯として使うことができます。

外気温が-10℃の露天風呂ははじめて経験しました。かなり新鮮な天然温泉です。あとは…かけ湯がぬるすぎて冷たかったです。

サウナは?

サウナの種類男湯女湯
フィンランドサウナ

90~100℃くらいの一般的なサウナです。

混み具合は?

ホテルに宿泊した数日しか通いませんでしたが、比較的空いていました。

宿泊者に外国人(主に中国人)が多く、そこらじゅうで外国語が飛び交っていました。

その他

新富良野プリンスホテルの宿泊者はホテルのスリッパで訪れるのをオススメします

土足で訪れると温泉のカウンターでロッカーのカギとスリッパをもらい、靴をロッカーに預ける必要があります。

新富良野プリンスホテルと温泉施設との間には喫煙室があります。

タバコを吸われたい方は温泉施設手前にある喫煙室を利用しましょう。

POLA/ポーラ /アロマエッセ ゴールド/aroma ess.GOLD/460ml 3種類

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはPOLAの3点セットが置いてありました。

POLAのバージョンは記憶違いでなければアロマエッセゴールドだったと思います。温泉施設のシャンプー類は適当なものを置いてある施設もありますが、新富良野プリンスホテルはしっかりとしたブランドモノを置いてあり好感が持てました。

施設の基本情報

 

紫彩の湯
住所:北海道富良野市中御料

営業時間:宿泊者と日帰り者で異なる

宿泊者:6:00~最終受付9:30、13:00~最終受付23:30

日帰り者:13:00~最終受付23:30、13:00~18:00(7~8月)

定休日:不明

電話番号:0167-22-1111

入浴料:宿泊者と日帰り者で異なる

宿泊者:大人800円、子供500円

日帰り者:大人1540円、子供770円

※大人中学生以上、子供4歳~小学生

公式HP:http://www2.princehotels.co.jp/newfurano/facility/onsen/

備品:シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ

駐車場:390台(無料)

アクセスは?

新富良野プリンスホテル内にあります。

ホテルから温泉施設までは施設内を歩いて行くことができますが、距離はそこそこあり5分程度はかかります。

※この記事内の情報は管理人が訪問した時点での情報になります。施設のリニューアル・改修などにより情報が更新されている場合がありますので、最新の情報は施設にて直接ご確認いただきますよう宜しくお願い致します。