筆者プロフィール&このブログについて

私のプロフィール

こんにちは。「けいこぶ.com」の中の人、 けいこぶ(@kei_cob)です。

このページでは私のプロフィールやこれまでの人生を語ります。

簡単なプロフィール
  • 名前:けいこぶ
  • 出身:大阪
  • 職歴:元生産技術、今はメーカーの開発職
  • 性格:変わっている性格、らしい
  • 趣味:ネットゲーム・英会話・ブログ・フォトグラフ(カメラ撮影、レタッチ)・YouTube・勉強・旅行・釣り・将棋・フィットネス・温泉・食べ歩き・ラーメン・メダルゲーム・資格勉強

一言でいえば、ジャンルに関係なくなんにでもハマる多趣味な人。

それが遊びであれ勉強であれ「これはハマる」と思ったらすぐさま廃人になってしまう。そんな人です。

なんにでもハマってきた結果、人生はそれなりに波乱万丈です。

 

小学生~高校生時代はメダルやトレーディングカードを売りさばいて生計を立てていました

あまりにもゲームセンターに通いすぎたため、ロクに食事をとらず成長がストップ(?)していた時期もあります。

ゲームセンターで知り合った仲間と徒党を組み、集団でメダルゲームを攻略するメダルプロ集団にも属していました。

悪い仲間の連帯責任で2回ほど補導されたことがあります

 

学内では将棋部や生物部、美術部に属していた時期もあり、美術の作品は教科書に載せてもらって表彰を受けたこともあります。

サッカーなどの運動も好きだったのですが、運動部の理不尽な罵声・教育方針が理解できず、運動部には所属したことがありません。

なんでそこまで怒鳴られないといけないんだ!」と反発してしまうタイプ、それが私です。

今でも学生の運動部は理不尽な洗脳プログラムだと本気で思っています

 

大学受験では予備校に通うお金がなかったため、独学で受験勉強をします。

周りに受験勉強を教えてくれる大人がいなかったため、がむしゃらに参考書を解いていくスタイルを取りました。

あとでふりかえると、この頃の勉強法はとても効率が悪かったと絶望します。

 

それでも何とか理系の大学に進学し、進学後はひたすら「勉強」と「パチンコ」に没頭する毎日を送ります

パチンコではパチプロの師匠と出会い、パチンコの稼ぎ方を1から教えてもらいました。

その結果、パチンコで生活費をまかない、パチンコの収益で駅前留学やアメリカ留学を果たします。

 

アメリカ留学などで海外の人と接していくと、自分自身の価値観が変わっていくのがわかりました。

日本人にありがちな「他人を気にする性格」がきれいさっぱりなくりました。

他人を気にする人生なんてほんとバカバカしい

これは生きていくうえでとても開放感を得られるよい変化だったのですが、後々その性格が災いになり就職後は悲惨なことになります。

 

大学ではパチプロとして収益を上げるかたわら、隙間時間では必至に勉強しました。

高い学費を払っているのに勉強しないなんて意味不明だと思ったからです。

周りの同級生は遊びほうけていましたが「きっと実家が金持ちで遊んでいても問題ないんだろうな」と思うようにしていました。

自身が伸びていったというよりは周りが落ちていった影響で、結果的に大学では首席を取ることができました

そのときには、よく知らない同級生からは「ガリ勉」といわれ、よく知る同級生からは「パチプロ」といわれました。

 

就職活動では「何事も気にしない性格」が功を奏してか、圧迫面接だろうが個人面接だろうがまったく気になりませんでした。

仮に頭の良さそうな面接官に出会ったとしても「今は負けていても同じ年齢になったらわからない」と開き直ることができたからです。

結果、就職活動では誰もがうらやむ日本のトップメーカーに就職することができました。

 

私が選んだ仕事は「生産技術」。

工場の生産ラインを効率化したり、海外での工場立ち上げに携わる仕事です。

なぜその仕事を選んだかといえば、生産技術として海外の工場立ち上げなどをしていた父親の影響です。

俺も親父のように海外で活躍するエンジニアになる!

入社当時はそのように意気込んでいました。

 

しかし状況は一変し、入社1年もすれば仕事が嫌になってきます。

大企業特有の現象なのか何なのか、工場の現場作業員から散々とイジメられます

イジメられていたのが私だけなら私個人の問題ですが、誰これかまわずイジメられていたので職場の風土です。

職場では胃に穴があいて入院する人や鬱になって休職する人がたくさんいました

ハッキリいってハズレな職場です。

 

それでもせっかく入社できた大企業。

そう簡単に辞めるわけにはいきません。

がむしゃらに働き、現場作業員には地べたをはうような低姿勢で取り入ります。

この頃からプライドというものはどこかに消し飛びました。

生き残るためにはプライドなんてクソくらえと思ったからです

 

しかし入社3年目、ついに限界がきて倒れます。

そして転職活動をはじめます。

大企業に勤めていたのだから転職先なんて関単に見つかるだろう。

そう思っていた私ですが、まったくもってうまくいかない現実に直面します。

 

転職エージェントからは「在職中に転職活動を行ったほうが絶対にいい」と言われ続け、転職活動と業務を両立させる地獄のような日々を送ります。

そんな生活を半年くらい続けたあげく、ようやく転職先が決まります。

精神的には消耗しきっておりギリギリのところで何とか持ちこたえた感じです。

 

転職先で働きはじめてからの数年間はどことなく燃え尽きたような症状が続きました。

仕事はしっかりとこなし、プレイベートもいろいろとハマります。

ただ、以前のような「新しいことをする熱意」が完全に失せていました。

 

この頃、俗にいうネットゲームに出会います。

そして「これはハマる」と感じてまもなく、ネットゲーム廃人になります。

仕事から帰ってから深夜までずっとゲームをやり続け、休日は朝から翌日までずっとネットゲームに没頭します

多いときで1日20時間はゲームに没頭し、数時間寝て起きてまたネットゲーム。

そんな生活を続けていました。

 

はたからみれば「終わっているような廃人生活」ですが、それが逆に私には良い影響を与えました。

ネットゲーム廃人のような生活を数年続けていると「他のことをはじめてみたい欲求」がわいてきたのです。

そうしてネットの世界をのぞいてみると、世間はブログやYouTubeが活発になっており、ネットで情報発信するのがあたりまえの世界になっていました。

なんだか自分も情報発信の世界に飛び込んでみたい!

およそ数年ぶりに「これはハマる」と思いました。

そうして開設したのが当ブログ「けいこぶ.com」です。

 

このブログでは日常のちょっとしたお役立ち情報をはじめ、ゆくゆくは私のこれまでの経験にもとづく体験談をまとめたいと思っています。

最近ではアクセスもそれなりに集まってきており、有償のライティング依頼や商品レビューなども承るようになりました。

何かございましたら「お問い合わせフォーム」よりご連絡くださいませ。

3日以内に返信がない場合は、入力したメールアドレスをもう一度ご確認の上、再度お問い合わせください。