簡単なスクランブルエッグの作り方【ズボラ飯】

お手軽スクランブルエッグ

こんにちは けいこぶ です。

スクランブルエッグって旨いですよね!

ただ、ちょっと失敗してしまうと単なる崩れた卵焼きになります。そうならないとっておきのズボラな方法をご紹介します。

これも1つのズボラ飯ですね。

ズボラ飯【ずぼらめし】

手を抜いてはいるが、手元の食材で少し工夫して美味しく料理すること。またはその料理。

(出典:はてなキーワード「ズボラ飯」

先取り早見レシピ「スクランブルエッグ」
用意するもの

  • 卵・・・2個
  • マヨネーズ・・・お好みで
  • 味の素・・・お好みで
  • 食べるラー油・・・お好みで

調理の手順

  1. 卵とマヨネーズ、味の素を混ぜておく
  2. フライパンに油を敷いて強火で空焼きする
  3. フライパンから白い煙が少しでも出たら1.で混ぜたモノを入れる
  4. 10秒経過したら火を消す
  5. 箸などでよくかきて余熱調理する
  6. 完成!(お好みで食べるラー油を混ぜる)

実際にやってみよう

では実際に調理していきたいと思います。

まずは卵を用意しましょう。

簡単スクランブルエッグ簡単スクランブルエッグ

今回使用するのは みつぎの卵「エコロ」 です!

有名な卵かどうか? 知りません^ω^

近所のスーパーで売っていました。見た目はキレイですね。

簡単スクランブルエッグスクランブルエッグにはマヨネーズ

卵にマヨネーズをほんのちょっと入れます。ふんわり具合を出すのなら牛乳でもよいかもしれません。

スクランブルエッグに味の素スクランブルエッグに味の素

そのあと、味の素を入れます。

なんたって味の素ですからね。これを入れると卵系の料理に旨みが加わります(個人差はあります)

スクランブルエッグに味の素スクランブルエッグにはマヨネーズ

味の素はほんのちょっぴりで大丈夫です。味の素を入れたらかき混ぜましょう。

卵黄と卵白のムラがあるスクランブルエッグを作りたいときは、あまり混ぜすぎないようにしましょう。

混ぜすぎると全部黄色になってしまいやわらかい卵焼きみたいになってしまいます。

スクランブルエッグにはごま油スクランブルエッグにはごま油

食材の準備ができたらフライパンに油を敷いておきましょう。

私はごま油を使っていますが、これは私のストックがごま油しかなかったからです。何の油でもかまいません。

スクランブルエッグにはごま油スクランブルエッグにはごま油

油を敷いたらクッキングペーパーでよく広げておきましょう。

古いフライパンになればなるほど油の量は多い方が良いです。食材がひっついて残念なことになります。

スクランブルエッグにはごま油

油を広げたら火をつけましょう。強火で空焼きします。

このとき、フライパンの油から白い煙がでるまで空焼きしましょう。白い煙が出始めたら予熱は十分です。

スクランブルエッグにはごま油

白い煙が出始めたら卵セットを入れます。ここからはスピーディーな調理になるのでご注意ください。

スクランブルエッグは強火で作ろう

フライパンの温度が高いのでジュワー!!と音がするかと思いますが気にしてはいけません。

フライパンに卵セットを入れてから10秒が経ったら火を消します。

スクランブルエッグは強火で作ろう

まだ早すぎくね^^;と思っても無慈悲に消火しましょう。

スクランブルエッグは強火で作ろう

後は箸で適当に混ぜましょう。混ぜ終わったらお皿にうつして完成です!

完成したスクランブルエッグはこちら

完成しました!スクランブルエッグです!

お手軽スクランブルエッグ お手軽スクランブルエッグ

う~む、ちょっと焼きすぎたかも( ꒪⌓꒪)

一応、スクランブルエッグにはなっていますが…

10秒ではなく5秒くらいでもよかったかもしれません。まあその辺はお好みで♬

食べるラー油でちょっとピリ辛にも

スクランブルエッグと食べるラー油

単なるスクランブルエッグで満足できない人は食べるラー油をほどよく絡ませましょう。

使用するのは私のお気に入り「俺たちのおかずラー油」です。

スクランブルエッグと食べるラー油

こいつをスクランブルエッグにほどよく載せてかき混ぜます。

完成したスクランブル(食べるラー油バージョン)がこちらです!

スクランブルエッグと食べるラー油 スクランブルエッグと食べるラー油

なかなか良いコントラストですね。中華っぽくなったような気がします。

気になるお味は?

ほどよくラー油と卵の味が合わさって最高においしいです!

やっぱりズボラ飯は簡単なだけでなく旨くてナンボですね!

まとめ

スクランブルエッグを作るのが苦手な人は私のように数秒間だけ調理する方法を試してみてください。

本当は弱火でじっくりと調理するのが良いのかもしれませんが、そんな面倒なのやってられませんしね。

「強火⇒10秒経過で終了」くらいの簡単な調理法でないと覚えられません。

今回は10秒でちょっと焼きすぎでした。次回はもう少し短く焼いてみたいものです。

フライパンの種類や好みによっても最適時間は変わりそうですね。

ぜひともあなたのベストな時間を探してみてはいかがでしょうか?

食べるラー油とカレー

食べるラー油はカレーに合うのか試してみた【失敗】

2018年8月25日
食べるラー油と白ご飯

ご飯にラー油という最強の組みあわせ【ハイレベルなズボラ飯】

2018年8月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です