チャンネル登録者数1000人よりも難しいこと[ユーチューバーの悩み]

YouTube

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

YouTubeでひたすら関西弁を教えている方言系ユーチューバです。

ここ最近、YouTubeチャンネルのトップ画面をのぞいてみると…

チャンネル登録者数が1800人を超えていました。

いやはや、チャンネル登録者数0人から始めたことを思うと、なんともいえない感慨深い思いがこみ上げてきます。

ただ同時に…

1年以上ユーチューバーをやっていくなかで、あらためてユーチューバーを続けていく難しさを痛感している今日この頃です。


YouTubeのチャンネル運営で最も難しいこと

YouTubeのチャンネル運営で最も難しいこと。

それはなんだと思いますか?

チャンネル登録者数1000人を達成することですか?

それとも

年間再生時間4000時間を達成することですか?

今の私ならわかります。

最も難しいこと。

それはチャンネル運営を続けていくことです。

けいこぶ
チャンネル登録者数1000人を達成して、さらには収益化もしているのに何言ってんだ?

以前の私ならそう思っていたでしょう。

ですがこれは、収益化してからこそ切に感じることなのです。

収益化で燃え尽き症候群になる現象

YouTubeを始めたばかりの人は、とりあえずチャンネルの収益化を目指してひたむきにがんばっていると思います。

私も同じでした。

とりあえず収益化しないと赤字続きで話にならない。

そう思い、ただがむしゃらにチャンネルを大きくしようとがんばりました。

そしてチャンネル登録者数1000人を達成し、収益化にも成功しました。

ただ…

そのあたりから、なんといいましょうか…

若干、心が燃え尽き症候群みたいになってしまいました。

チャンネル登録者数1000人を超えても変化はない

チャンネル登録者数1000人未満の人からすると、1000人の壁といわれるくらいチャンネル登録者数1000人は魅力なのです。

それゆえ…

1000人を達成したら何かすごいことがおこるかもしれないと知らず知らずのうちに希望を抱いてしまうのです。

でも現実は、チャンネル登録者数1000人を達成したからといってさほど変化はありません。

これまでが

990…995…1000

といった具合に1日に5人ずつチャンネル登録者数が増えていったとすれば、1000人を超えたとしても

1000…1005…1010

と同じくらいのペースで増えていくだけです。

チャンネルの中身は変わらないのであたりまえのことではあるのですが、これが意外に現実をつきつけられているような気持ちになります。

収益化が逆にの呪縛になるとき

ユーチューバーの多くは「やりたいこと」「お金」のバランスをほどよく釣り合わせながらチャンネルを運営しています。

やりたいことだけでも続きませんし、お金のためだけでも無理があります。

まったく興味のないジャンルを運営し続けるのは無理がありますし、お金のためだけにモチベーションを維持するのも難しいものです。

そしてここで、私のユーチューバーとしての収益が振り込まれました。

YouTube収益化1ヵ月目の収入。振込金額について感じたこと」の記事にて公開しましたが、私の収益化一ヶ月目の収益は5627円でした。

今はそれよりも多くはなりましたが、それでも金額的にはたいしたことではありません。

となると、感覚的な話なのですが…

「やりたいこと」「お金」の意識バランスが微妙に崩れてきたような気持ちになるのです。

「お金」に対するペイが少ない分、「やりたいこと」だけでチャンネル運営をしている気持ちになるのです。

これは…

ユーチューバーをやっている人にはわかる人もいるかもしれません。

「お金」のペイが少ない為…

今月は残業をして生活費をもう少し稼ごうかな。

と別の何かで「お金」のバランスを取ろうとしてしまいます。

そして結果、YouTubeに割ける時間がなくなっていきます。

チャンネルが収益化されるまではこのような気持ちは生まれてこなかったのですが、収益化されるとこの体たらくです。

収益化はとても嬉しいことですが、逆に呪縛になることもある。

これは実際に経験してみてはじめてわかったことでした。



チャンネル設立時の気持ちを忘れない

私がYouTubeチャンネルを立ち上げたときは…

これをやったら誰かの役に立つかもしれない。

これはちょっとおもしろいんじゃないか。

といった気持ちでいっぱいでした。

実際、かなりウキウキした気持ちで動画を投稿したものです。

たとえ再生回数が30回に満たなかったとしても、まだまだこれからと意気込んでいました。

あのようなひたむきな気持ちをいま一度大切にしたいと思います。