Amazonビジターアンケートという詐欺メールが届いた[注意喚起]

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

Amazonを語る詐欺メールがまたまた届きました

ホント多いです。

取り締まる法律がないのか罰則が緩いのかわかりませんが、いつまで経ってもなくならないですね。


迷惑メールの処理がされなかったので焦った

しかも、今回は迷惑メールの自動処理がされていなかったのです。

年々、徐々にですがAmazonを語る詐欺メールのレベルが上がってきている気がして心配です。

今回のメールはこんなやつでした↓

Amazon詐欺メール
[Amazon.co.jp]

2020 年間ビジターアンケートの参加者に選ばれました! Chrome 「ありがとう」を込めて Apple iPhone 11 Pro が当たるチャンスを差し上げます!

ビジターアンケート?

というわけのわからないアンケートに答えるとApple iPhone 11 Proが当たるそうです。

Apple iPhone 11 Proはだいたい10万円くらいでしょうか。

それがビジターアンケートに答えるだけで当たるそうです。

まあ…

詐欺ですね。

しかもリンク先のアドレスが「amaza」ですしね。

誰だよ!?って感じです。

ただ、こちらのリンク先をsecURLを用いてチェックしてみたのですが「脅威は検出されませんでした」と表示されました。

secURLとは?
URLやリンク先の安全性や危険性を判定してくれるサイト。ウイルス感染の検出や詐欺サイトのチェックなどに使用できる。

最近はこういった詐欺メールもどんどんレベルアップしていますので注意が必要です。

くれぐれも迂闊にリンク先をクリックしないようにしましょう。

その時点では危険なことが起こらなくても、その先で何らかのトラブルに巻き込まれないとも限りません。

年々、迷惑メールのレベルが上がってきている?

私のブログではこれまで「アップルを語る詐欺メール」や「Amazonを語る詐欺メール」を何回か取り上げてきましたが、やはり年々詐欺メールのレベルがアップしてきているように感じます。

以前に紹介したアップルを語る詐欺メールに比べると、今回の詐欺メールはシンプルなゆえに危険です。

ホント…あの手この手でクリックされようとしてきますね。

どうにしかならないのでしょうか。

このままレベルアップが進んでしまうと、今に本物と区別がつかないレベルの詐欺メールができあがりそうで恐いです。

罰則でも何でもいいので、早く何とかして欲しいですね。

 

以上、Amazonを語るアンケート詐欺メールのご紹介でした。

皆さんもご注意ください。