パチンコで昔は勝てたカラクリ。開店まわりで稼げた時代はよかった

パチンコ依存症

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

パチンコをやっている人がよく愚痴る言葉があります。

昔は本当によく勝てたよな~

これです。

今も昔も負け続けている人間がいるかたわら、昔は勝てたと愚痴る人は結構います。

私も昔はパチプロで稼いでいた身ですので、同じことを言います。

けいこぶ
昔は本当に楽に勝てた時代があったんだよ~

今のパチンコしか知らない人からすればよくわからないと思いますが、昔は本当によく勝てました。

今回はそんな「昔はパチンコで勝てたカラクリ」についてお話したいと思います。


昔のパチンコが勝てたカラクリ

 

昔のパチンコで勝てたのは単にシステムが良かったからです

具体的には…

・開店狙いをするだけで勝てた

・新台入替や新規開店を狙うだけで勝てた

・ハイエナするだけで勝てた

などをするだけで勝てました。

今では信じられないくらい甘く稼げた時代です

開店狙いをするだけで勝てた

今のパチンコって無制限があたりまえだと思います。

むしろ「無制限」という言葉すら知らない若い人も増えてきていると思います。

無制限とは?
昔はパチンコでアタリを引くと、出てきた出玉を一旦換金しないといけない「交換制」というシステムがありました。当然、換金率の関係もあり出玉を換金してから再び打ち始めると損をします。それをしなくてよいシステムを「無制限」といいます。

今では無制限でないお店を見つける方が難しいくらい無制限があたりまえになりましたが、以前は大半のお店ではラッキーナンバー制が導入されていました。

ラッキーナンバー制とは?
パチンコでアタリを引いた際に、特定の絵柄(3・5・7など)を引いた際には出玉を交換しなくてよく、それ以外の絵柄を引いたら強制的に換金しないといけないシステムのことです。特定の絵柄(4・8など)を引いた際のみ交換しないといけない「交換ナンバー制」も同じシステムになります。

等価交換のお店では無関係でしたが、交換率の低いお店ではどのシステムが採用されているかがとても重要でした。

そしてここからが「昔は勝てたカラクリ」です。

昔のお店では、開店1時間以内にアタリを引くと通常はラッキーナンバー制の台を無制限にしてくれるシステムが多く採用されていました

無制限の台になったかどうかは、パチンコ台の上に貼られた「無制限」という札で判別できました。

その札が貼られている内は無制限というわけです。

それゆえ昔は、とりあえず開店からパチンコを打ち始めて無制限の札をゲットするだけで勝率があがりました

通常はラッキーナンバー制で営業しているお店で無制限の札を取ることは、理論上の勝率も半端なく上がります。

「昔は朝に並ぶだけで勝てた」という人の大半は開店直後の無制限ボーナスを利用していただけです

けいこぶ
昔はパチプロは、無制限の札をゲットできなかったときは1時間で終了するのが定石でした。今と比べて辞め時もわかりやすかったです。勝つときは1日中打ち続けて大きく勝ち、負けるときは1時間分の投資だけで済む。今からすれば甘すぎる時代ですね。

新台入替や新規開店を狙うだけで勝てた

開店時の無制限ボーナスも相まって、昔の新台入替は本当によく出ました。

とりあえず朝から新台に座っていれば勝てていた時代です

今でもスロットでは朝から並ぶことが多いと思いますが、パチンコはスロット以上においしい時代でした。

新規開店を狙うのも良かったですね。

今と違い、昔はパチンコ屋がバンバンと新規開店やリニューアルオープンしていました。

そのたびにバカみたいに出玉を出してくれましたので、新規開店を狙うだけでも勝てました。

パチンコでは1000円で何回デジタルが回転したかを「回転率」と呼んで台の良し悪しを判断する指標にしますが、昔の新規開店では40~50回なんてのがありました

1000円で50回なんてのは今の時代からすれば考えられないほど甘々です。

それほど昔はパチンコ業界の景気も良かったんですね。

けいこぶ
私も元パチプロなど言っておきながら、やっていたことといえば開店&新台・リニューアル狙いが7割くらいを占めています。それゆえ、パチプロと称しておきながらさほどたいしたことはしていません。当時は私のような「なんちゃってパチプロ」が大勢いました。

ハイエナするだけで勝てた

誰かが打っていた台を途中から打ち始めることをパチンコ用語でハイエナと言いますが、昔はハイエナでもよく勝てました。

これもカラクリは簡単で、先ほどの無制限システムを利用したものです。

無制限システムは基本的に朝の1時間だけでしたが、中には夕方の18~19時くらいにも無制限システムを導入しているお店もありました。

そんなお店で夕方から無制限狙うだけで、そこそこ勝負ができたものです

朝一から打つのに比べて時間は短いですが、それでも波に乗ればバカみたいに勝つことも可能でした。

ハイエナに関してはスロットも熱い時代でした。

昔は夕方になると「設定」を表示した札をパチスロ台に刺してくれたものです(これは今でもあるのでしょうか?)。

刺した札が本当かガセかを見極めるのもスロットの醍醐味の1つでした

また、天井システムのリターンも今より多かったため、天井狙いのハイエナでも勝つことができました。

けいこぶ
いずれにせよ、ハイエナで勝てるパターンがいくつも用意されていたのが昔です。今思えば素人がパチプロと勘違いするのには十分な土壌が築かれていたと思います。

まとめ

 

今の若い人からすれば考えられないほど楽に勝てた時代

それが昔のパチンコです。

どうです?昔がうらやましいですか?

でも実際、悪い点もあるんですよ。

楽に勝てた時代だったからこそ、その幻影が拭い去れずにズルズルと今では負け続けている人が大勢います

これはまさにサラリーマンのバブル時代と同じです。

バブル時代の幻想が拭い去れずに、今でも「がんばればイケる」と思ってしまうのです。

あなたの周りにもパチンコでありえないくらいの金額を負けている人はいないですか?

もしその人が昔からパチンコをやっていた人ならば、きっと昔のパチンコの幻想が拭い去れないのでしょう。

そんな人には言ってあげてください。

昔のパチプロは単に朝から並ぶだけで勝てていた素人です。実力ではありません。

いやほんと多いんですよ。

パチプロと思っていた素人が。

………

はい、私もその1人です。

けいこぶ
私は今回ご紹介した方法で収益の7割近くを稼いでいました。残りの3割くらいは別の方法です。でも…7割近くを頼っていたのならもはや単なる「回転まわりが好きな素人」ですよね。

元パチプロが語る生活の実態と現在。現実は甘くない

2018.12.19