お好み豚玉丼という裏メニューを大阪人が考察してみた【お好み牛玉丼ではない】

こんにちは けいこぶ です。

先週、すき家の限定メニュー「お好み牛玉丼」を食べたのですが…

お好み焼きには豚肉やろ!( 」゚Д゚)」

っとなってしまい少し後悔しました。

お好み牛玉丼500円

すき家のお好み牛玉丼を大阪人が考察してみた【期間限定】【復刻版】

2018年10月20日

というわけで、今回は豚肉バージョンを食べに行ってきましたので考察したいと思います。

 

まず注意していただきたいのが、この「お好み豚玉丼」はメニューにほとんど載っていません。ホントマジで載っていません。てっきり裏メニューかと思いましたよ。

お好み豚玉丼は載っていない

店頭の垂れ幕には書いていません。私は垂れ幕を見たときは「お好み牛玉丼」のみ限定発売されたと思っていました。

 

お好み豚玉丼は机のメニューには書いていない

なんと、机に貼られているメニューにも書かれていないのです。「豚丼バージョンもあるで^^」と書いてくれるだけで全然違うのですが、存在自体を抹消されています。

 

メニュー表の下にだけおこのみ豚丼が書いてある

唯一、机のサイドに入ってある限定メニュー表の下に「お好み豚玉丼」とだけ書いてあります。

こんなん絶対わからへんやろ(´・ω・`)

 

牛丼派による巧みな隠蔽工作が行われたかの如く「お好み豚玉丼」はわかりにくいメニューとなっています。ほとんどの人はスルーしてしまうのではないでしょうか。実際、周りの人で「お好み牛玉丼」を頼んでいる人は見かけますが「お好み豚玉丼」を頼んでいる人はまったく見ないです。これ、絶対に裏メニュー的なポジションを狙っているでしょ?

 

しかし、やっぱりお好み焼きは豚肉だと思うんですよ。

今回はしっかりと「お好み豚玉丼」を注文してみました。

 


お好み豚玉丼はこんなメニュー

 

お好み豚玉丼

こちらが「お好み豚玉丼」になります。見た目は「お好み牛玉丼」とほとんど同じですね。かつお節と青のりは別袋になっており、卵は自分で割っていれるスタイルとなっています。

 

お好み豚玉丼マヨネーズましまし

なかなかマヨネーズがデフォルトでマシマシなのは良いですね。お好み焼きをイメージするのならソースもマシマシしてくれて良いですが、甘めのオタフクソースなのを考えるとちょうど良いのでしょう。実際、オタフクソースはかなり甘いですしね。

 

お好み豚玉丼はお好み焼きになるか

お好み牛玉丼と同じく、見た目はとてもお好み焼きっぽいです。加えて、今回はミニサイズを頼みましたので、卵かけご飯のようなコンパクト感があります。

 

お好み豚玉丼はスプーンで食べよう

気になるお味ですが…

お好み牛玉丼にはあった違和感がなくなりました!やっぱりお好み焼きには豚肉ですよ!

牛肉はちょっと主張が強い目立ちたがり屋さんなので、どうしても「お好み焼き」ではなく「牛肉野菜炒め」っぽくなっていました。

私は牛玉よりもこっちの豚玉をオススメしたいです。私はオタフクソースと牛肉は絶望的に合わないと思うんですよ。「オタフクソース+豚肉=お好み焼き」の方程式なんです。

ただし、豚玉の「ミニ」と「並盛」はなぜか牛玉よりも30円高いので注意が必要です。

 

お好み焼きに似ているかと言われれば、ちょっと微妙かもしれません。

一応、「これはお好み焼きの鶴橋風月の味がするで^^」とか「大阪ぼでじゅう(大阪お好み焼きの有名店)と似ている味がする!」などいろいろと感想は準備していたのですが、やはりどうもお好み焼きとは違う気がします。

牛玉丼の記事でも書きましたが、やはりコレは「お好み焼きを焼く前の具」だと思うんですよ。むしろ、鉄板があったら「お好み豚玉丼」を混ぜて焼きたいくらいです。

 

お好み焼きの具をそのまま食べてみる機会なんてのはほぼないと思いますので(私は過去に1回だけ)、ちょっと生のお好み焼きっぽい味を試してみたい人にはオススメかもしれません。

ってのは冗談で、普通にメニューとしてアリだと思いますよ。トッピングには七味も合いましたので、ピリ辛風味がお好きな方にはオススメです。

 

お好み豚玉丼、期間限定ですのでお早めにどうぞ!

期間が終わってしまっていたら、再び復刻されるのを期待しましょう!

お好み牛玉丼500円

すき家のお好み牛玉丼を大阪人が考察してみた【期間限定】【復刻版】

2018年10月20日

お好み牛玉丼・豚玉丼を電子レンジでチンすると化ける?【牛丼と電子レンジ】

2018年10月27日