ユーチューバーは大半が挫折する厳しい世界。なんで続かないのか?

youtube

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

2019年よりYouTubeで関西弁を教えている方言系ユーチューバーです

私はユーチューバーをはじめて9ヵ月になりますが、いやはや…

ユーチューバーってマジで厳しい世界ですね

ほとんどのユーチューバーはデビューしてから1年以内に消えていくといわれていますが、実際にユーチューバーをやっているとその意味がよくわかります。

1年どころか半年も経たずに消えていく人が大多数だと感じています。

ユーチューバーは…なんといいましょうか…

挫折しやすい要因が多すぎるのです。

というわけ今回は、そんなユーチューバーが直面する「挫折しやすい理由」「続かなくい理由」について語りたいと思います。

けいこぶ
ユーチューバーに興味がある・はじめてみたいなんて人には何かの参考にはなるかもしれません。

ユーチューバーが挫折する理由・続かない理由

挫折

YouTubeチャンネルを運営していると、ユーチューバーが挫折する理由がとてもよくわかります。

ユーチューバーが挫折する理由…本当にいろいろありますよ。

さらに興味深いのが、別になにか特別なことが起きているわけではなく、ごくごく普通の理由ばかりなのです。

そんなユーチューバーを続けられない理由をいくつかご紹介したいと思います。

理由① 動画編集の時間が半端ない

ユーチューバーをやめてしまう大きな理由。

それは…

動画編集の時間が半端ないことです

これはかなりのユーチューバーが経験している問題です。

ほとんどのユーチューバーは動画編集にかなりの時間を費やします。

早くて数時間…8時間…

下手をすれば1つの動画制作に1日以上費やすユーチューバーもめずらしくありません

実際、私の場合は1つの動画に数時間といったところですが…

それでも動画を1つ2つ制作していたら平日・休日のプライベートなんてすぐに食いつぶされます

普段はサラリーマンとして働いて、家に帰ったら動画編集…そして寝て起きて働いて、家に帰ったら動画編集。

いったい、私の休みはいつですか?

みたいな状態になります。

これが嫌になりユーチューバーをやめてしまう人が多いです。

ちょっと気軽にユーチューバーをはじめてみたけれど、プライベートのすべてを費やすくらいなら別にやめてもいいや

そう思われる人が大半だと思います。

というよりそれが普通です。

ユーチューバーを続けられるのは、見かたによれば普通ではない人です。

プライベートのすべてをつぎこんでも続けられる強い意志をもっている人、あるいは動画編集を趣味として楽しめる人でないと続けられません。

理由② 収益のないタダ働きにうんざりする

多くの人がユーチューバーをやっていくうえでモチベーションとしていること。

それは収益だと思います。

もちろん「ユーチューバーはお金がすべてではない」といった意見もわからなくはないですが、それでも大多数はお金をモチベーションにユーチューバーを続けていることでしょう。

ですが、そんなお金を得るためのチャンネル収益化は、2018年度より難易度がとてつもなく上がりました。

チャンネル収益化の条件
①チャンネル登録者数が1000人以上

②過去12ヵ月間の総再生時間が4000時間以上

これらの①②を満たしてはじめて、チャンネル収益化の申請を行うことができます。

つまり…

それらの条件を満たすまでは完全なタダ働きとなるわけです

しかも、実際にやってみるとわかるのですが、完全な素人が①・②の条件を達成するにはかなりの労力を要します。

ネットでは「そんな条件なんて楽勝だよ~」という人がたまにいますが…実際はそんなに簡単な条件ではありません。

そして…

タダ働きに耐えられずにチャンネル運営をやめてしまう人は後を絶ちません。

お金目的じゃなくて趣味としてやればいいじゃない?

そういわれる人もいるかもしれませんね。

もちろん、その通りだとは思います。

しかしながら、その趣味には休日のほぼすべてを費やすことになります

いくら好きだからといっても、休日のすべてを部屋のなかで黙々と作業をしていて満たされる人は稀でしょう。

趣味でやるならば…せいぜい費やすのはプライベートの1/3くらいでしょうか。

さすがにプライベートのすべてを無報酬のユーチューバーとしてささげられる人は稀だと思います

(昔は無報酬で延々と趣味の動画を投稿する人が大勢いましたが、もう時代は変わってしまったのです)

とはいえ…

趣味の範囲でスローペースにチャンネルを運営していくと収益化条件が遠のきます

このあたりのバランスが非常に難しいのです。

収益化を意識しすぎるとタダ働きが嫌になりノイローゼになり、趣味としてのんびり運営するとチャンネルの成長がスローペースになりすぎてノイローゼになります

なんというか…

ユーチューバーのチャンネル運営は一歩間違えると常にノイローゼになります(笑)

理由③ チャンネル登録者数が伸びなくて嫌になる

これも実際にYouTubeのチャンネルを運営しているとよくわかります。

初期の頃はとにかくチャンネル登録者数が伸びません

これが本当に伸びません、なにかバグってんじゃないかと勘違いしてしまうレベルです。

よく、芸能人がチャンネルを設立してすぐにチャンネル登録者数10000人程度を達成することがあります。

あれは…

ユーチューバーをはじめたいと思う人にとって害悪でしかありません。

あんなのを見せつけられたら…

チャンネル登録者数1000人「くらい」なんてすぐに達成できるんじゃないの?

と勘違いしてしまいます。

結果…

チャンネル登録者数が1ヵ月経っても10人くらいしか増えない…なんて現実を突きつけられることになります。

いやホント…チャンネル設立初期はマジで吐きそうになるくらいチャンネル登録者数が増えません。

そして、多くの人がそれに耐えられずユーチューバーをやめていきます。

けいこぶ
才能のある人・運よく伸びた人の声ばかりがピックアップされるのはいかがなものかと思います。ああいったのを生存バイアス(生き残った人による偏った意見)といいます。

理由④ 動画を投稿してもアクセス・反響がない

ユーチューバーはプライベートの大半を動画編集に費やしますが、そうやって完成した動画は…まさに我が子といいましょうか…とても愛着がわいてきます。

そして、そんな苦労して制作した動画を、満を期してとYouTubeにアップロードします。

するとどうなるか…

まったくアクセスも集まらなければ反響もありません

これが結構…精神的に堪えます。

さらに、人にもよりますが…

たいていの新規ユーチューバーは初期のアクセス皆無の時期を数ヵ月は味わうことになります

これが本当に地獄です。

貴重なプライベートを全部費やして…いったい何をしているんだろう

と頭がおかしくなってきます。

けいこぶ
この心境はブログを開設したときと似ています。ブログも最初の数ヵ月はアクセス皆無で吐きそうになりますが、あれのYouTube版と思っておいて間違いありません。

理由⑤ アンチコメントに疲弊する

YouTubeチャンネルを運営していると、必ずアンチコメントや誹謗中傷のコメントがわいてきます。

これはユーチューバーとして避けられないイベントです。

加えて…

日本は世界でトップクラスに低評価を押す人が多い国として有名ですので、他国に比べてアンチコメントや誹謗中傷が書き込まれやすい土壌があります

普段はおとなしいのに匿名となった途端に牙をむく。

まさに日本人らしい現象だともいえます。

とまあそんなアンチコメントですが、ネットに慣れていない人はかなり落ち込みます。

なかにはアンチコメントや誹謗中傷にマジレスをしてしまい、さらに状況を悪化させてしまうユーチューバーもいます。

アンチコメントに反応…まさにコメントを書き込んだ人の思うつぼといったところですね。

そんな悪意のある視聴者に疲れてユーチューバーをやめてしまう人もいるのです

ちなみに私は…

アンチコメントや誹謗中傷は即効でスルーです、相手をしても得なことがないので記憶から消去します

それでも続けて書き込まれ続けることもありますが、その際は相手をブロックして終了です。

動画を投稿すればするほどコメント数も増えてきますので、わざわざ悪意のあるコメントなどに時間を費やすのはもったいないからです。

そんなのに時間を費やすくらいなら、チャンネルのファン層へのコメントに時間を費やしたいと思っています。

けいこぶ
アンチよりもファンを大切にしたほうがいいのはブログもYouTubeも同じですね。

理由⑥ 再生数稼ぎノイローゼに陥る

これはチャンネル開設の初期だけでなく、ある程度チャンネルが成長しても陥る現象です。

なんといいましょうか…

とにかく再生数を増やすことだけを考えて頭が一杯になるのです。

もちろん、動画を研究して改善点を洗い出し、それをもとに再生数を増やそうとするのは良いことです。

ですが…

なにごともやりすぎるとダメなんです。

チャンネルの再生数を意識しすぎる日々が続いていると、ある日…

何を楽しみにしてチャンネルを運営しているのかわからなくなります

これは中堅ユーチューバーにもよく見られる現象です。

再生数を求めるゾンビになってしまい、自我を失って…結果的にノイローゼになってやめてしまうのです

けいこぶ
再生数を意識するのは大事なことなのですが、意識しすぎて目的の大部分になるとヤバイのです。



ユーチューバーとして挫折しないために意識すること

考える

では、ユーチューバーとして挫折しないためには何を意識すればいいのか?

私なりにまとめたいと思います。

いきなり専業ユーチューバーになってはいけない

ちょっと極端な例を出します。

ユーチューバーとして活動していくにあたり、いきなり専業ユーチューバーになるのはやめましょう

かなりリスキーというより…99%は失敗します。

ごくまれにいきなり専業ユーチューバーになる人をみかけるのですが、まず間違いなく数ヵ月以内にメンタルがやられます。

事実、私の知っている範囲ではそういった人は全員が半年以内に更新を辞めてしまいました。

ユーチューバーは成功すればリターンは大きいです。

月に数十万・数百万のお金を稼げるかもしれません

ただし、あたらなければリターンは微々たるものです。

それどころか、下手をすれば収益化すらできません。

そうなると月の収入は完全な0円です、生活なんてままなりません

専業ユーチューバーの王道パターンは、まずは兼業でやってみて、それでいけそうなら専業に移行するのが定石です。

自分を追い込むために専業ユーチューバーという過酷な環境に身を置きたいんだ!」という人は、まずは兼業しながら動画を高頻度で投稿する生活からはじめるべきでしょう。

それも十分に過酷な環境です。

それすらも務まらないのであれば専業なんて到底無理だと思います。

けいこぶ
人って不思議なもので怠けられる環境にいると自然と堕落していくものなんですよね。

成功したユーチューバーの話を鵜呑みにしない

これはユーチューバーに限らず何事にもいえることですが、成功者の成功体験をそのまま信じ切ってしまうのは危険なことです

なぜなら、成功者の成功体験は再現性に乏しい場合が多く、なんとなくやれる気にはなりますが実際には実用性がない場合が多いからです。

もちろん、なかにはそこそこ有益なノウハウを公開している人がいますが、それでも核心を教えてくれることはほとんどありません。

ユーチューバーってホント地道な世界です、裏技なんてものはほとんどありません

情報を取捨選択しつつ、自分に合うノウハウを確立していくのが大事です。

多くの成功者は自身の実績を餌に、それとなる遠からず近からずのノウハウを語りながら人々を誘惑します。

そのような人々は魅惑のテクニックにかけてはプロフェッショナルであり、その気にさせる技術は超一流です。

そんな気持ちのよいアドバイスにつかり続け、何も考えずにインプットだけしているのならば、実績なんて作れるはずがありません。

けいこぶ
最近はあやしい裏技みたいなのを風潮する人もかなり減ってはきましたが、それでも依然として「ユーチューバーの収益化は超簡単!たったこれだけ!」みたいなノウハウを語る人は少なくありません。

チャンネル運営の計画は事前に立てておく

これは多くの有名ユーチューバーさんが語っていることでもありますが、チャンネル運営においてはジャンル選定が超重要です

というよりはユーチューバーのチャンネル運営はジャンル選定でほぼすべてが決まります

YouTubeには様々なジャンルがありますが、ジャンルによって規模需要の大きさが異なります。

いうまでもなく、規模や需要の大きいジャンルには多くの人がやってきて、マイナーなジャンルには人は少ないです。

それゆえ、自身のチャンネルがどのような規模のジャンルを狙うのかはしっかりと考えておく必要があります。

とてもマニアックでマイナーなジャンルを選んでいるのに、チャンネル登録者数の目標はメジャージャンルと同じくらい…

なんてのは馬鹿げています。

YouTubeチャンネルの運営計画は事前に立てておくべきですが、あまりにもおかしい目標設定を立てるべきではありません。

 

ちなみに、私のYouTubeチャンネルはぶっちゃけマイナーです。

YouTubeで関西弁を教えている特化型チャンネルなんてのは他にはなくオンリーワンではありますが、どこまで需要があるかは未知数です。

ただ…おかげさまでチャンネル登録者数は1000人を超えることができました。

このジャンルにしては上出来だと思います。

私のような先が見えないジャンルを狙っていくのは、ある意味ギャンブルといいましょうか…

少なくとも兼業ユーチューバーでないと挑めないチャレンジです

一般的には未開拓すぎるブルーオーシャンを攻めるのは悪手といわれています。

将来性が未知数なうえに、模倣できる対象もなく労力がかかるからです。

私と同じような変わった人は、自身の好きな(最低限の需要がある)独特なジャンルを攻められてはどうでしょうか。

マイペースにチャンネル運営をする

YouTubeにせよブログにせよ、自分自身に無理がない範囲でがんばりましょう。

もちろん、フルコミットを軽視しているわけではありません。

ときにバカみたいに打ち込み、それこそ狂気にも似た気持ちで取り組むことが必要な場合もあります。

ですが…

これまで、フルコミットした反動で燃え尽きてしまった人を何人も見てきました

そんな風に消えてしまうくらいなら、マイペースに長く続けている方がマシです。

無理をしてでもがんばることはいいことですが、反動がきて潰れてはいけません。

そのあたりのバランス感覚を保つのはとても重要なことなのです。



まとめ:いい意味で自分勝手になる

以上、ユーチューバーで挫折する理由・続けられない理由と、そうならないための心構えをまとめてみました。

いろいろとありますが、とりあえず私が心掛けたいこと。

それは…

いい意味で自分勝手にチャンネルを運営すること」です。

独りよがりなチャンネル運営にはなってはいけませんが、かといって個性も何もない無難なチャンネルになってしまうとおもしろくありません。

YouTubeで何を発信したいのか。

常にそれを考えながらチャンネル運営をしていきたいです。

ブログもYouTubeもほとんどの人が1年以内に消えてしまう理由

それは「継続する意味が見いだせなくなったとき」です。

仮にお金が目的であってもいいのですが、それとは別に情報発信をする意義が大切だと思うのです。

私もまだまだブロガー2年目・ユーチューバー1年目の新米ですが、それを大切にしながら継続していきたいと思います。

もし、これを読んでいる人のなかにブロガー・ユーチューバーの人がいましたら、お互いに楽しみながらがんばりましょう♪