2chのコピペ「メキシコ漁師と旅行者」から考える自由のあり方

自由

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

ネット掲示板の2chには昔から教訓とすべきコピペが数多く存在しています。

今回はその中から人生の自由について考えさせられる深いコピペをご紹介します。


メキシコの漁師と億万長者のコピペ

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。
すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

こちらのコピペは昔からある有名な2chコピペです。

作者は不明であり、いろいろな角度から考察することができる内容の深いコピペです。

安易に漁師の選択をするのは危険

このコピペが登場した当時は、MBA卒の旅行者がバカにされる風潮がありました。

めぐりめぐって同じ生活をするのなら、はじめからその生活を続けていたらよかったじゃん

といった考えかたが多かったからです。

しかし、その意見にはある視点が抜けています。

リスクです。

未来に発生するリスクを考えれば、旅行者の考えかたもあながち間違ってはいないのです。

それがこのコピペのおもしろいところです。

現状の安定を取るか未来を取るか

このコピペの解釈に正解はありませんが、私は「今の幸せ」か「未来の幸せ」のどちらを取るかだと考えています。

コピペの漁師は現状の生活に満足していますが、それがいつまで続くかわかりません。

次の年には不漁になっているかもしれませんし、同業他社が参入してきて価格競争のダンピング地獄に陥っているかもしれません。

あくまでも幸せなのは今であり、それが未来まで続くかどうかはわかりません。

対してMBA卒の旅行者の視点から考えると、およそ25年先まではビジネスに没頭する忙しい生活を送ることになりますが、その後は安定した生活を送られます。

大事なのは未来の幸せであり、そのために今は我慢するのだという考えかたです。

このどちらを選ぶべきかに正解はありませんが、どちらも不正解ではありません。



サラリーマンにおきかえて考えてみると

メキシコ漁師と億万長者のコピペをサラリーマンにおきかえてみると、

・適度に働いてプライベートを充実させているサラリーマン

・将来の安定した生活のためにビジネスに没頭するサラリーマン

のどちらを選ぶかといったところでしょうか。

私はメキシコ漁師であり旅行者でありたい

私が2択を選べるのなら、私はメキシコ漁師をしながら旅行者の言うことを聞くという真ん中の選択肢を選びたいです。

メキシコ漁師のような生活もいいな~とは思いますが、おそらく選ぶことはありません。

そうなってしまう理由は単純。

今の日本がずっと不景気なため、メキシコ漁師のような生活をしたことがないからです。

メキシコ漁師のようなのんびりとした生活を送ったことがあるのなら感覚も違ってくるかもしれませんが、実際はのんびりとした生活をのんびりとは過ごせないでしょう。

大事なのは一時的な幸せよりも継続的な幸せ、いうなれば「安定」こそが一番です。

それゆえ、安定に次ぐ安定を求めます。

ただ、プライベートを捨ててまで安定を求めるのは「生きている価値がない」と思ってしまうため、プライベートも必要です。

まさにメキシコ漁師をしながら旅行者の言うことも聞くような生活。

そんな中間の存在を目指したいですね。

また、旅行者の言うとおりに億万長者になったとしても、その富を使いきれないのであれば意味がないとも思います。

何事もバランスが大事ですね。

バランスを考えた場合、メキシコ漁師も旅行者も極端すぎると感じます。