老人のマスク買い占めは転売より深刻な問題[Twitterまとめ]

ここ最近、各地で発生している老人によるマスク買い占め問題のツイートをまとめました。

もちろん、全員が全員ではないとはわかっています。

私の周りの年配の方々はとてもよい人たちです。

ですが、なかにはこういった人たちもいるのだなと思うととても悲しいです。


老人に対するヘイトや嫌がらせ報告

老人の買い占めは転売屋よりも深刻

老人によるマスク買い占め問題。

これって実のところマスクを転売する転売屋よりも深刻な問題です。

なぜなら、転売屋はマスクを市場にまわしますが老人は自宅に溜めてまわさないからです

個人的にはマスクの転売には腹が立ちましたが、とりあえずお金を出せば買うことはできました。

対して、老人によるマスクの買い占めはどうしようもありません。

そんなに老人によるマスク買い占めってあるの?

単に老人を叩きたいだけじゃないの?

と思われる人もいるかもしれませんが、サラリーマンとして通勤している私は毎日のようにドラッグストアに並んでいる老人を目のあたりにしています

しかも開店の数時間前からですよ!

3密(密閉・密集・密接)を避けようといわれている今、密閉こそしていないですが仲間うちでベラベラとしゃべりながら何時間もドラッグストアに並ぶのは非難されるべき行動です。

開店と同時にマスク販売をやめたところで…

最近になってようやく老人による買い占め対策がされるようになりました。

有名なのは「開店と同時にマスクを販売しない」といった対策です。

もちろん、あれも一応の効果はあると思います。

開店と同時にマスクが販売されないと周知されていけば、今のような無駄に何時間も並んでいる人はいなくなるでしょう。

でも、次に起こるのは…

ドラッグストアでひたすらマスク販売のタイミングをうかがう老人があらわれると思うんですよね

心理としてはゲームのレアポップを待っている人たちと同じです。

タイミングがわからないからこそ、ずっと張っている人が出てくると思うのです。

老人が買い占めるのはなく人間の本質がそうさせている

今回、私は老人の買い占めといった観点でツイートをまとめました。

ですが、物事の本質は老人ではないと思うのです。

何を言いたいかといえば、老人がマスクを買い占めるのではなく、時間のある人がマスクを買い占めているだけなのです

もしも老人以外の人が同じくらいの時間の余裕があれば、きっと同じようにドラッグストアに並んでいることでしょう。

なのでこれは、老人うんぬんではなく人間の本質だと思っています

買い占めは囚人のジレンマと同じ

囚人のジレンマという言葉があります。

囚人のジレンマとは?
お互いが協力することがより良い結果になることがわかっていても、裏切る人が利益を得る状況ではお互いに協力することがなくなるというジレンマ。

今の買い占めの状況はまさに囚人のジレンマと同じです。

本当は誰もが周りのことを思いやれる心を持っていれば、マスク不足なんてものは起こらないのです。

でも、「あるのなら買い占めたほうが得」と思う人、囚人のジレンマでいうところの裏切り者がいるかぎりそうはなりません。

今後、マスク不足だけでなく、恐怖にかられた人による集団心理が本当に恐いです。