リライト地獄!ブログの記事を書いては修正したい衝動に駆られる日々

ブログ運営の悩み

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

ブログを開設してから4ヶ月目になります。この4ヶ月間、コツコツとブログの記事を書き続けました。

コツコツと書き続け、記事数もそろそろ180記事を超えたくらいになります。180記事、よくもまあそんなに書き続けたなとつくづく思います。

ただ、最近ちょっとした悩みがあるのです。

それは…

昔の記事を読み直すとあまりにも文章がヘタクソすぎて絶望します。

もちろん、今でもそんなに文章がうまいとは思っていません、むしろヘタクソのままでしょう。

それでも、以前よりはマシになってきたと思います。以前の記事はそれほどまでに読みにくく、わかりずらいのです。

それゆえ、最近は記事のリライトに着手し始めました。記事の書き直しです。

するとまあ…過去記事の汚点が次々と見えてきます。誤字脱字はもちろん、記事の内容もヒドイものです。

  • 何が言いたいのかよくわからない記事
  • まわりくどい表現
  • とりあえず文字数を稼ごうとがんばった記事

リライト作業が捗ります。止まりません。むしろ、すべての記事をリライトしたくなります。

今回はそんなブログ4ヶ月目のリライト衝動について考えてみたいと思います。


リライトしたい衝動は文章力が成長した証

 

そもそも、なんでブログの記事をリライトしたいのか。

その理由は薄々はわかっています。以前よりも文章力が成長したからリライトしたいのでしょう。

文章力がそのままなら、記事を読み直しても何も感じません。むしろ、こんな記事を書いていたなと懐かしくなるだけです。

文章力が成長したからこそ、昔の記事に不満が出てくるのだと思います。

そういった意味では、最近悩まされているリライト衝動は良い兆候なのかもしれません。

リライトしたい記事といっても、それはほんの数ヵ月前に書いた記事です。この数か月間、ひたすら記事を書き続けた結果、徐々にですが文良力が成長してきたと思います。

ある程度のレベルまではリライト地獄を覚悟

 

文章力が成長したといっても、まだまだ発展途上なのは理解しています。

なぜそう思うか?

他の有名ブロガーさんの記事と比べて、明らかに文章が読みにくいからです。文章がうまいブロガーさんの記事は、読んでいてスラスラと頭に入ってきます。

文章がうまいブロガーさんの記事は言葉遣いから表現力まで何もかもが格上です。まだまだ一流と呼ばれる人たちに比べると雲泥の差があると痛感しています。

それなので、これからも文章を書き続けるたびにリライトしたい衝動に駆られるのを覚悟しています。

まさにリライト地獄、リライトの連鎖です。

でも、これって仕方がないと思うんですよ。だって、私のレベルが低いんですから。

きっと文章力がある程度のレベルまで上達すると、そこまでリライトしたいとは思わないと思います。文章力のレベルにも限度があるからです。ある程度のレベルまで上達すると、伸びしろも少ないのでリライトする意味がないと感じることでしょう。

早くそんな境地に達してみたいものですね。

リライト地獄は1年は続くと覚悟しています。文章力の上達と言葉にするのは簡単ですが、そんなにすぐに見につくものとは思っていません。毎日、少しずつ意識して改善していきたいです。

記事の構成力も上がっていくはず

 

ブログ記事をリライトするときに、文章だけでなく構成を変えたいと思うことも増えてきました。

過去の記事を読み直すと「この文章の流れはちょっとおかしいんじゃないか」と気になって仕方がないのです。

実際、ブログ開設当初の記事は文章だけでなく構成もよくわからない状態になっています。具体的に言えば、何が言いたいのかよくわからない記事がちらほら存在します。

記事をリライトしていくにつれ、そういった目的が迷子になっている記事も修正していきたいと思うようになりました。

記事を書く際のテンプレート構成もブログ開設初期と今とではかなり変わりました。おそらくこれからも変わっていくでしょう。

ヘタクソを恐れずこれからも書き続ける

 

文章力が上がってきたやら構成がわかってきやら…

こんな偉そうなことを言いつつ、どうせこの記事も来月になればひどい記事だと感じると思っています

でも…それでいいんです。

私は文章がヘタクソのブログ初心者です。それを理解したうえで記事を書いているのです。

おそらく今の私は完璧な文章など書けません。何度も何度も校正を繰り返して数時間かけたとしても、完璧な記事とは程遠いと思っています。

 

私はブログの記事がうまくなるには2つの方法があると思っています。

1つはブログの記事に精査をかけ続けて完璧な文章を作成し、徐々に作成する時間を短くして上達する方法。

もう1つはひたすら記事を書き続けて、その中で違和感や不満点に気づいて修正していく方法です。

それら2つのどちらが自分に合っているかを考えた場合、私は後者だと気づいたのです。

それなので、これからもバンバンと記事を書き続け、バンバンとリライトしたい衝動に駆られていくことにします。

とにかく書いて書いて書いて…

ひらすら書き続けることで上達を目指します。

まともな文章がかけるようになるまで、かなりのゴミ記事を量産するかもしれません。でも…覚悟しています。200記事を無駄にしようが300記事を無駄にしようが、その先で文章や構成力が上達しているのなら儲けものだと考えています。さすがに来年の今頃は少しはマシになっているのではないでしょうか。