エックスサーバーでPHPファイルをコピーする方法【ワードプレス】【Xserver】

こんにちは けいこぶ です。

ワードプレスでテーマのカスタマイズをするときに「子テーマ」って設定しますよね。

子テーマに関してはいろいろなブログで作成方法が紹介されているのですが、私のような初心者には途中でひっかかってしまう言葉があります。

それは…

FTPソフトなどを使ってPHPファイルを子テーマしておいてください^^

と簡単に書かれていることです。おそらくブログ初心者のほとんどがこの言葉を聞いた瞬間に諦めるのではないかと思うのです。それほどのわけのわからない感覚をこの文章は与えてくれます。

なんかいきなり置いてきぼりにされた感がある…(´・ω・`)

とならないためにもココではPHPファイルのコピーに特化して解説しようかと思います。使用するサーバーはエックスサーバーを使用して説明します。


実際にPHPファイルのコピーを一緒にやってみましょう

それでは実際にやっていきましょう。

エックスサーバーのログイン画面

まずはエックスサーバーのログイン画面からログインします。

ログインしましたら、サーバーの項目からファイルマネージャーを選択しましょう。

するとドメイン別のファイルが出てきますので、ここから運営しているフォルダを選択してください。

私は「keicob.com」と「keicob.xsrv,jp」の2つのドメインがありますが「keicob.xsrv,jp」はエックスサーバーを契約したときについてきたオマケみたいなものです。

実際に運営しているのは「keicob.com」ですのでこちらを選択します。

よくわからない名前のフォルダが出てくると思いますので、ココから「public_html」を選択します。

「public_html」の次の画面では「wp-content」を選択します。

「wp-content」の次の画面では「themes」を選択します。

「themes」の次の画面ではワードプレスにインストールされている様々なテーマが表示されます。

ここではコピーしたいPHPファイルのあるテーマを選択してください。

私の場合は「ストーク(jstork)」をメインテーマとして使用していますので「jstork」を選択します。他のテーマを使われている方は自身のメインテーマを選択してください。

このとき、間違って子テーマを選択しないよう注意してください!

テーマを選択すると色々なPHPファイルが一覧に表示されます。

この中からコピーしたいPHPファイルを選択してください。私は「comments.php」を選択してみます。

PHPファイルを選択するといきなりダウンロードが始まると思いますので、PHPファイルを保存した場所を覚えておいてください。どこにPHPファイルが保存されたかわからない方は、上図のようにダウンロードしたフォルダ横の矢印を選択して「フォルダを開く」を選択するとダウンロードした先のフォルダを表示することができます。

ダウンロードが完了しましたら、一度ストークのPHP画面から1つ上の階層へ移動します。

階層を戻るときは上図のようにフォルダに矢印がついたアイコンを選択すると戻ることができます。

階層を戻りテーマの選択画面に戻ってきましたら、今度はPHPファイルをコピーしたいテーマを選択してください。

私の場合は親テーマ「jstork」から子テーマ「jstork_custom」にPHPファイルをコピーしたいため「jstork_custom」を選択します。

次に「ファイルの選択」より先ほどダウンロードしたPHPファイルを選択してください(①)

PHPの選択が完了しましたら「アップロード」を押してアップロードを行ってください(②)

PHPファイルがアップロードされましたらPHPファイルの一覧にアップロードしたファイルが表示されているはずです(③)

ここまで完了しましたらワードプレス側での確認を行いましょう。

ワードプレスの管理画面より「外観」⇒「テーマの編集」と進みます。

次に「編集するテーマを選択」で子テーマを選択したときに、一覧に目的とするPHPファイルが表示されていれば適切にPHPファイルはコピーされています。

私の場合は子テーマ「stork_custom」を選択したときに先ほどコピーした「comments.php」が表示されていますのでPHPファイルは適切にコピーされていることがわかります。

これでPHPファイルのコピーは完了です。

まとめ

いかがでしょうか。PHPファイルは無事コピーできましたか?

今回の流れの中で、エックスサーバー上の親テーマからファイルをダウンロードして子テーマにアップロードしました。

このようなファイル(File)を転送(Transfer)することはFTと略され、転送する決まり事を意味する英語=プロトコル(Protocol)にくっつけてFTPと呼ばれています。

今回はエックスサーバー上でファイルを処理しましたので、エックスサーバーがFTPソフトというわけですね。

私を含めたブログ初心者はこういった用語1つによって頭が混乱します。1つ1つがんばって理解していきたいと思います。

お互いにがんばって子テーマをカスタマイズしていきましょう。