銭湯料金で天然温泉が楽しめる温泉。施設は銭湯になります【ふれ愛温泉矢田】

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

今回は大阪市東住吉区にある温泉「ふれ愛温泉矢田」をご紹介します。


お湯やお風呂の種類は?

 

お湯の詳細
源泉名:大和川矢田温泉

泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物温泉

泉温:45℃

黄緑色の透明色をしています。若干のモール臭を感じ取ることもできます。個性的な特徴のあるお湯ではありませんが、温度が高くて冬場はポカポカと温まります。

肌触りは柔らかくポカポカと温まる温泉です。

お風呂の種類は?

「露天風呂、浴室天然温泉、白湯、電気風呂、水風呂」

シンプルな構成となっています。しかしながら、料金も銭湯と同じですので満足です。普通の銭湯料金で天然温泉を味わえるのはめずらしい施設です。コスパは高いです。あと、お風呂がけっこう熱めの設定になっています。

あつ湯好きにはたまりません。かなり温まります。

混み具合は?

私は週末に訪れることがほとんどですが、さほど混んでいる印象は受けません。提携駐車場の時間も1時間と短いことも影響しているのでしょうか。比較的、地元の人が多い気がしました。

比較的空いていると思います。混み具合は街の銭湯に近いです。

お食事処や休憩所は?

お食事処は「ふる里」という温泉内食堂がありますが営業されているかは不明です。公式HPでは臨時休業と表示されています。実際、私が夕方に訪れたときはいつも閉まっています。

休憩所は畳座敷があります。施設自体は銭湯に近いです。大阪府東大阪市にある箕輪の里温泉に近い雰囲気があります。

銭湯に近い施設です。東大阪の箕輪の里温泉に似ています。

その他

浴室内に昭和の歌謡曲のようなBGMが流れています。浴室内にBGMの流れている温泉施設はめずらしいため記憶に残っています。

昭和の音楽を聴きながらのレトロな気分で天然温泉が楽しめます。

オススメポイント

 

「ふれ愛温泉矢田」のオススメポイントは銭湯料金でありながら天然温泉が楽しめるコスパの良さにあります。また、浴室内に流れている昭和チックなBGMなとってもレトロで落ち着いた気分にさせてくれます。私の行ったときは常に流れていましたが、きっと今でも流れているのでしょう。

全体的にお湯の温度が高めなのも良いですね。体がポカポカと温まります。あつ湯好きにはたまりません。逆に熱いお湯が苦手な人は入るお風呂が制限されてしまうかもしれません。

最寄の駅からは歩くには少し遠く、駐車場も利用時間に制限がありますが、その影響もあり比較的空いている温泉施設だと思います。穴場といえるのではないでしょうか。

施設の基本情報

 

ふれ愛温泉矢田
住所:大阪市東住吉区矢田6丁目3-16

営業時間:6:00~11:00(最終受付10:30)

15:30~24:00(最終受付23:30)

定休日:毎月第4火曜日

電話番号:06-6606-4126

入浴料:大人440円、小学生150円、乳幼児60円

サウナ利用料(貸バスタオル付き)100円

公式HP:http://yata-jinken.com/jinken/onsen.html

備品:なし

駐車場:あり(無料時間に制限あり)

アクセスは?

近鉄南大阪線「矢田」駅下車後、徒歩12分。ただし、夜は暗くなるためオススメしません。

大阪市バス「矢田行基大橋」下車後、徒歩3分。

メインのアクセスはクルマになるかと思います。近隣は狭い道も多いため地図をしっかりと確認したうえで行かれるのをオススメします。

私が訪れたときは駐車場の無料時間は1時間でした。利用時間に注意です。

※この記事内の情報は管理人が訪問した時点での情報になります。施設のリニューアル・改修などにより情報が更新されている場合がありますので、最新の情報は施設にて直接ご確認いただきますよう宜しくお願い致します。