「延羽の湯 鶴橋店」はロウリュウが本気で熱いスーパー銭湯『大阪市東成区』

ロウリュウが一番熱いスーパー銭湯「延羽の湯鶴橋店」

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

今回は大阪市東成区にある温泉「延羽の湯 鶴橋店」をご紹介します。


施設の基本情報

 

延羽の湯 鶴橋店
住所:大阪府大阪市東成区玉津3-13-41

営業時間:9:00~翌2:00

(最終受付:深夜1:00)

定休日:年中無休(施設点検日は除く)

電話番号:06-4259-1126

入浴料:フェイスタオル付

平日(大人850円、小人450円、3歳以下無料)

公式HP:http://www.nobuta123.co.jp/nobehatsuruhashi/

備品:シャンプー、リンス、ボディーソープ

駐車場:あり(600台)

アクセスは?

大阪環状線「鶴橋駅」より徒歩圏内にあります。アクセスは非常に便利です。鶴橋やコリアンタウンなどを散策した帰りに立ち寄ることもできます。施設自体は表通りから1つ裏手に入ったところにありますので、初めて来られた際は注意が必要です。

温泉の湯心地は?

  • 温泉情報不明

この温泉に関わる情報はありませんでした。湯心地としては塩化物泉系ではなく単純温泉に近い印象を受けます。とくに泉質自体には特徴は感じられません。同じ系列のお店が羽曳野にありますが、そちらと泉質は似ているように感じました。

風呂の種類は?

「源泉岩風呂、源泉掛け流し立ち湯、高濃度炭酸泉、壺湯、内湯(深湯・季節風呂)、座り湯」

源泉系の風呂と高濃度炭酸泉が人気です。そこまで広い施設ではありませんので、混雑時には結構人がいます。

混み具合は?

アクセスが抜群に良い施設ですので、混雑時にはかなり混みます。また、隣接に同系列のパチンコ屋がありますので、そこからのお客さんも多いように思います。

お食事処や休憩所は?

お食事処は「四季旬菜 里山」「囲炉裏茶屋」の2つがあります。

延羽の湯鶴橋店

休憩所は1階に畳が敷かれた休憩所があります。テレビもありますのでゆっくりとくつろぐことができます。

その他

ロウリュウサービスをやっています。ロウリュウの温度が半端なくアツイです。

以下、パンフレットに書いてある温泉のPRポイントをご紹介します。

都会にいながら、都会を忘れる。天然のいで湯に身をゆだねて、こころとからだを解き放つ。大岩を組み上げた露天岩風呂、美肌効果が期待される炭酸泉、新陳代謝を促すサウナ。さらには、ご家族ご友人とくつろぎのひとときを過ごせる着衣スタイルの韓国式サウナや趣向を凝らした家族風呂などもうひとつ上のくつろぎをご用意しました。どうぞお好みのスタイルで、お楽しみください。

(出典:延羽の湯 鶴橋店パンフレットより)

オススメポイント

 

この施設のオススメはなんといっても抜群のロケーションです。鶴橋という大阪を代表する下町の中にあり、鶴橋駅からも徒歩圏内にあります。鶴橋の焼肉やコリアンタウンの韓国料理を堪能した帰りにも気軽に立ち寄れる点はGoodです。

また、時間帯によってはサウナにてロウリュウのサービスをやっているのですが、このロウリュウの温度が半端なく熱いです。いろいろなスーパー銭湯のロウリュウを体験してきた私ですが、ここのロウリュウは忘れません。半端なく熱かったです。私の知る限り、延羽の湯 鶴橋店と対抗できそうなのは大江戸温泉箕面スパーガーデンくらいでしょうか。あちらも半端なく熱かったので。

「延羽の湯 鶴橋店」に来られた際にはぜひともロウリュウ、それも最上段(もっとも熱くなる場所)のロウリュウに挑戦させてみてはどうでしょう。なお、倒れても責任は負いかねますので自己責任にてお願いします。

温泉自体に関してはさほど特徴はありませんが、ロウリュウやロケーションにより特徴をかもしだしている温泉だと思っています。鶴橋を観光する際に温泉を組み込む場合は、迷わず「延羽の湯 鶴橋店」を選んでおけば間違いないでしょう。また、韓国語の案内が多数ありますので、韓国の方を連れていく際にも重宝するお店です。中国語や韓国語の案内は大阪北区の「なにわの湯」が印象的ですが、韓国語に限定すれば「延羽の湯 鶴橋店」も十分です。

※この記事内の情報は管理人が訪問した時点での情報になります。施設のリニューアル・改修などにより情報が更新されている場合がありますので、最新の情報は施設にて直接ご確認いただきますよう宜しくお願い致します。