みのうキューズモールに近い天然温泉【療養泉】【箕面湯元 水春】【大阪府箕面市】

みのうキューズモール近くの温泉「箕面湯元水春」

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

今回は大阪府箕面市にある温泉「箕面湯元 水春」をご紹介します。


施設の基本情報

 

箕面湯元 水春
住所:大阪府箕面市船場東3-13-11 ビーバーワールド箕面船場店2F

営業時間:平日9:00~翌2:00、土日祝6:00~翌2:00

(最終受付:深夜1:00)

定休日:不明

電話番号:072-726-4126

入浴料:平日と土日祝とで異なる

平日(大人750円、小人370円、幼児100円)

土日祝(大人800円、小人400円、幼児100円)

公式HP:http://suisyun.jp/mino/

備品:シャンプー、リンス、ボディーソープ

駐車場:あり(無料:400台)

アクセスは?

新御堂筋の千里中央付近の少し北側を東に曲がった脇道にあります。曲がる際はエディオンと阪急OASISを目印にすると良いでしょう。

また、地下鉄御堂筋線「千里中央駅」から無料の送迎バスも出ています。9~21時までは1時間に2本と本数も多いので、無料送迎バスを利用するのもアリでしょう。

無料送迎バスの詳細に関しましては「公式HPアクセスのご案内」をご覧ください。

温泉の湯心地は?

  • 源泉名:箕面美人の湯
  • 泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
  • 泉温:28.1℃

温泉の中でも特に泉質的に優れた温泉に与えられている認定「療養泉」を受けたお湯は、とてもつるつる・しっとりとしています。まさに美人の湯といったお湯であり、とてもやわらかい湯あたりです。箕面スパーガーデン・高槻祥風苑と並んで大阪北摂を代表する美人の湯の1つでしょう。

お湯は日によってばらつきはありますが、基本的にはぬめりがあります。「ぬめりがある」といえば何か聞こえが悪いですが、実際に入浴してみて肌で感じるとわかります。とっても気持ちが良いです。ぬめりがある温泉を体験したことのない人にはぜひともオススメしたいお湯になります。

風呂の種類は?

「露天岩風呂、露天日替わり湯、炭酸泉、ミルキー風呂、壺湯、電気壺湯、腰掛湯、ジェットバス、リラクゼーションバス、寝転び湯、シェイプアップバス、スーパージェットバス、座湯、冷水風呂」

水春グループの温泉すべてに言えることですが、施設の風呂の種類がとても充実しています。ザっと考えられるほとんどの種類の風呂があるのではないでしょうか。電気壺湯は他のスーパー銭湯ではなかなか見かけません。炭酸泉とミルキー風呂が両方ある施設も少ないです。スーパージェットバスはとても勢いがありますので、腰にあてるととても気持ちが良いです。手すりにつかまっていないと勢いで流されてしまうほど強力です。

混み具合は?

人気の温泉施設ということもあり、基本的には混んでいます。ただし、施設自体も大きいのでどこかしらの空いている風呂には入ることができます。

人気なのはやはり炭酸泉ですね。いついっても混んでいます。炭酸泉に関しては空くのを待って入るしかありません、空いていれば優先的に入りたい風呂です。炭酸泉の横にある壺湯も人気です。壺湯に入って炭酸泉を待つか、炭酸泉に入って壺湯を待つか、どちらかに入ることができましたらぜひとも一緒に狙ってみましょう。

屋外の天然温泉は大きいこともあり混んでいても入れないことはありません。

お食事処や休憩所は?

お食事処は「水春亭」という食事処があります。休憩所に関しては大座敷が用意されています。かなり広いのでゆったりとくつろぐことができます。大阪には水春グループの温泉が他にも「鶴見緑地店」「香里園店」とありますが、休憩所の大座敷は「箕面店」のみですね。休憩所に関しては大満足です。誰かしらを待つことになったとしても、ゆったりと寝ながら待つことができます。

その他

2018年7月より、浴場内のタワーサウナ室において「オートロウリュウ」が実施されるようになりました。ロウリュウサービスは人力で行われる場合が多いですが、オートロウリュウは機械により自動的にロウリュウが行われます。しかも、毎時00分に実施されるほどの高頻度です。実はオートロウリュウになってからは私もまだ行ったことがないんですよ。ぜひとも行ってみたいです。

以下、温泉に関するPRポイントです。

名称 『箕面美人の湯』
地下1200メートルから湧き出る天然温泉。湯上りはお肌がすべすべになるので、「箕面美人の湯」と命名されました。
大阪では珍しい泉質で、炭酸水素ーナトリウム(重曹・以前は重曹泉と呼んでいました)温泉のメッカ和歌山県の山間部でよく出ている泉質で(竜神温泉・湯の峰・渡良瀬等)、つるつる、しっとりの本物の「湯」になっています。
また、当温泉は「療養泉」の認定を受けました。療養泉とは温泉中の中でも泉質的に優れた(溶存物質1000mg以上)の物を指し、当温泉は5632mgもあり大変貴重な泉質であります。

(出典:「公式HP:天然温泉[療養泉]『箕面美人の湯』のご紹介」)

また、「箕面湯元 水春」はYoutubeにてお湯のイメージ動画を公式にアップされています。以下に埋め込んでおきますのでイメージをつかまれたい方はぜひともご覧ください。こういった細かい配慮はとても好感が持てますね。水春グループさん、さすがです。

オススメポイント

 

温泉施設のレベルの高さはさすが水春グループさんと言わざるを得ません。特に「箕面湯元 水春」は休憩所の大座敷が大きいこともあり、大阪の他の店舗よりも快適さが1段上になっています。お湯に関してもヌルヌル・ツルツルの温泉はとても肌の心地が良いです。ぬめりの度合いとしては高槻祥風苑よりも若干劣るような印象も受けますが、それでも十分なぬめりは感じ取れます。

みのおキューズモールからのアクセスが良好なのも良いですね。みのおキューズモールでショッピングや映画を楽しんだ後、帰りに立ち寄るスーパー銭湯として最適です。あるいは秋におこなわれる勝尾寺の特別ライトアップでイルミネーションを堪能した後に立ち寄るのも良いでしょう。箕面といえば箕面スパーガーデンが有名ですが、あちらは山の上にありますので、ちょっと大阪市よりで気軽に立ち寄りたいときには「箕面湯元 水春」が便利です。

また、「箕面湯元 水春」はビーバーワールドという商業施設の中にありますので、他の施設に立ち寄ることも可能です。

施設内のレストランには「大漁市場 こんぴら丸」「お好み焼き 鶴橋風月」「九州ラーメン 亀王」があります。お好み焼きの鶴橋風月を食べてから温泉なんてのも贅沢で良いですね。

※この記事内の情報は管理人が訪問した時点での情報になります。施設のリニューアル・改修などにより情報が更新されている場合がありますので、最新の情報は施設にて直接ご確認いただきますよう宜しくお願い致します。