NHKがいらない理由。受信料が高すぎてメリットがわからない

ばつ

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

NHKから国民を守る党、略して「N国党」。

最近、とても調子が良さそうですね。

丸山穂高(まるやま ほだか)氏や渡辺喜美(わたなべ よしみ)氏を取り込んで徐々に勢力を拡大していく様は、まるでRPGの主人公を見ているようです。

ただ…

あそこまでN国党の立花孝志(たちばな たかし)氏が国民の支持を得られたのは、それだけNHKに対して不満を持っている人が多いということです

でなければ、あそこまで異色だった政権放送をしながら当選することはなかったでしょう。

NHKってどうなんでしょね。

私の個人的な意見としては、NHKってもういらないと思うんですよね


NHKが必要な理由とは?

そもそも、NHK受信料を不払いしている全員が思っている疑問があります。

NHKって何で必要なのでしょうか?

この疑問に対して、NHK側からしっかりとした回答を得られたのならば、私は不払いはいくらか減るのではないかと思っています。

しかしながら、肝心のNHK側の言い分はハッキリとしません

実際、NHKのHPには次のようなことが書かれています。

Q.公共放送は必要なのか
A.公共放送は必要であると考えています。
・インターネットの利用拡大やモバイル端末の急速な普及により、さまざまな情報が瞬時に人々の間を駆けめぐり、多種多様な情報が国境を越えて激しく行き交う時代に入りました。一方で、不確かな情報の拡散や、お互いの“つながり”の希薄化を指摘する声もあります。広く世界や日本の課題を共有化し、正確な情報で人と人を互いに“つなぐ”というメディアの公共的な役割が、ますます重要になっていくと考えます。
・公共放送であるNHKの使命や役割は、視聴者のみなさまからいただいた受信料をもとに、放送の自主自律を貫き、視聴者の判断のよりどころとなる正確な報道や豊かで多彩なコンテンツを全国で受信できるよう放送することで、「健全な民主主義の発達」や「公共の福祉」に寄与することです。 緊急災害時には大幅に編成を変更し、正確な情報を迅速に提供するほか、大河ドラマや紅白歌合戦のような関心の高い番組だけでなく、教育番組や福祉番組、古典芸能番組など、市場性や視聴率だけでは計ることの出来ない番組も数多く放送しています。これは広告料を主な財源とする民間放送や、税金で成り立つ国営放送ではなく、視聴者のみなさまに負担していただく受信料で成り立つ公共放送だからこそ実現できるものと考えています。
・今後とも視聴者のみなさまに、公共放送の必要性について放送等を通じてご理解をいただくよう努めてまいります。

(出典:NHK「よくある質問集」より)

えっと…何がいいたいのか全く伝わりません

私の理解力が足りないだけかもしれませんが、文章が長いわりに言ってることが曖昧だと感じます。

つまりは…

・多くの情報が錯そうする社会だから公共放送が必要!

・災害時の放送はまかせて!

・民間ではできない為になる番組がいっぱいだよ!

ということでしょうか。

阪神大震災のときはNHKが役に立った思い出

私は「NHKはもう必要ない」と言っておきながら、NHKが役に立ったと思う出来事はいくつもありました。

例えば、1995年の阪神大震災。

あのときはNHKが本当に役に立ちました

私は大阪に住んでいましたので、それはもう地震ですごく揺れました。

家具は全部倒れ、サイレンは鳴りやまず、とにかく世界が終わった感が半端なかったです。

とにかく情報が欲しい!

そう思いテレビをつけると、民放番組はすべてパニック状態。

不測の事態に不慣れなアナウンサーが的を得ない発言を繰り返していたのを覚えています。

そんなとき…

NHKはとても落ち着いていました。

やはりNHKは他の放送局とは違う

幼かった私は子供ながらもNHKの偉大さを知りました。

情報網が発達した現代社会での存在意義

NHKは阪神大震災で大いに役立った。

それは事実です。

しかしながら、あれから25年近い年月が経ちました。

時代は大きく変わりました。

携帯電話はスマホになり、ネットは急速に発達し…

情報をテレビから得る人は大幅に減ってしまいました。

NHKの掲げる「震災時のメリット」は今ではほとんどないのではと思います

阪神大震災を経験した私の経験上…

テレビをつける程度の余裕があればスマホかラジオからでも情報を仕入れることができます

逆にテレビをつける余裕すらない状況だと、NHKうんぬん以前にそれどころではありません

けいこぶ
今では民放のレベルも上がってきて、阪神大震災のときほど混乱しないと思います。事実、2011年の東北地方太平洋沖地震では民放の伝達力も負けていませんでした。



NHKは割りの悪い保険である

ぶっちゃけていってしまえば…

NHKって保険みたいなものなんですよね

何の保険かと言いますと…

災害時にしっかりとしたニュース番組を伝えてくれる保険」です

さらに特典として「大河ドラマや各種NHKバラエティー番組が見放題」がついてきます(笑)

サービスに比べると月額1310円は高すぎる

「災害時にしっかりとしたニュース番組を伝えてくれる保険」

まあ欲しくないかといえば、「あったら便利」くらいには思います。

ただ…

月額1310円は高すぎます(笑)

今の世の中、月額1310円のサービスって相当なものですよ。

契約していると何かと便利な「Amazonプライム」でも月額400円ですし、「YouTubeプレミアム」でも月額1180円です。

サービスが悪くて何かと文句の言われる「ニコニコ動画プレミアム」でも月額540円です。

そんな中、月額1310円ってのは相当強気です。

しかも一番のサービスが「災害時にニュースを伝えてくれる」ってのはちょっと…。

他の保険に入った方が得じゃない?

正直なところ、NHKの「災害時にニュースを伝えてくれる保険」に入るくらいなら、他の保険に入った方がお得だと思うんですよね。

医療保険、生命保険、地震保険。

なんでも良いのですが、月額1310円を追加するとなるとそれなりの特約をつけられると思います

少なくとも「災害時にニュース番組をしっかりと報道してくれる」以上のメリットはありそうなんですよね

きっと…

同じようなことを思っている人はいるのではないでしょうか。



まとめ

NHKが国民により信頼を得るためには、メリットに関する声明をもうちょっとしっかりと伝えるべきだと思います。

さすがに何十年も前からあるメリットを話されても、現代の人々には受け入れてもらえないでしょう

N国党への票があれだけ集まったことからも、人々の不満が増大しているのは明らかです。

ただ…

いまのところNHK側からの改善は見込めなさそうですね。

昨日のニュースか何かでも、N国党の主張に対して「公共放送の観点からうんぬんかんぬん…」とあいかわらずの主張をしていました。

違う!国民が聞いているのはそれじゃない!

ってことなんですが、きっとわかっていての発言でしょうね。

となると…ちょっと国民をナメているのでしょうか(笑)

………

とこのように、冷静に考えていくと何故かイライラが募ってくるわけです。

NHK…私は好きなんですけどね。

ただ、好きなんだけれども嫌いという「微妙な気持ち」なんです。