大阪の本当にうまいラーメン・まぜそば店「JAWS」

ジョーズのまぜそば

こんにちは けいこぶ です。

大阪のラーメン店、数年前よりかなりの数のお店がオープンして、そして消えていきましたよね。

まさにラーメン戦国時代、正直なところここまで活発になるなんて思ってもみませんでした。大阪各地にはいろいろなラーメン屋があり、個人によって好みが分かれると思います。

そんな中、私がぜひともオススメしたいラーメン店があります。

 


麺FACTORY JAWS(ジョーズ)

 

麺ファクトリーJAWS

それがこちら、「麺FACTORY JAWS(ジョーズ)」さんです。


場所は大阪の谷町六丁目にあります。電車ですと谷町線あるいは長堀鶴見緑地線の「谷町六丁目駅」の3号出口から東に徒歩5分くらいでたどり着くことができます。

JAWS(ジョーズ)さんはとてもオシャレな外観をしており、一見するとカフェのようにも見えます。

 

こちらのお店、2014年にオープンされたのですが、当時は本当に穴場だったんですよ。店内はガラガラでお客さんがほとんどおらず、それなのに半端なくうまいラーメンとまぜそばを提供されていたのです。

これ絶対に流行るお店やんけ^^;

と思っていましたので足しげく通っていたのですが、ついに世間に知れ渡ってしまいましたね。最近ではいつ訪問しても学生さんからサラリーマン、カップルまで幅広い年齢層のお客さんでにぎわっています。やはり、うまいお店はこうなる運命だったんです。

 

ラーメンJAWSのオープン看板

あまりにも盛況なため、最近ではスープが売切れたりして夜営業がやっていないこともあります。つい最近も夜に訪問しましたら昼の部でスープが売切れてしまったみたいです。臨時休業の際はTwitterなどで報告されているため、こまめにチェックしておきましょう。

 

ラーメンJAWS(ジョーズ)の営業時間

ラーメンJAWS(ジョーズ)の営業時間は

  • お昼の部:11:00~15:00
  • よるの部:18:00~23:00

となっており、定休日は月曜日となっています。

今では大変混雑するお店になりましたので、お店の前には待ち並ぶ用の椅子が置かれています。

 

JAWS(ジョーズ)のラーメン・まぜそばをご紹介

 

JAWSジョーズのメニュー

そんなJAWS(ジョーズ)のメニューは次のとおりです。

  • つけ麺 800円
  • 極どろつけ麺 850円
  • ラーメン 750円
  • 醤油ラーメン 750円
  • まぜそば(〆ご飯付き) 800円
  • 限定麺 時価

このうち、つけ麺・極どろつけ麺・まぜそばに関しては通常のお味以外に「カレー」を選ぶことができます。

オススメに関してですが、私は「ラーメン」「まぜそば」「極どろつけ麺」をオススメしたいですね。

まぜそば・極どろつけ麺に関しては「カレー」も選べますが、とりあえず初めて行った場合は通常のお味にしておくのがオススメです。限定麺も都度いろいろなメニューを提供されておりますが、とりあえず初めて訪問された場合は定番メニューを頼んでおく方が良いでしょう。

ちなみに、上記の3つの中でさらに1つを選ぶとしたら、私は「まぜそば」を特にオススメしたいです。ここのまぜそばはオープン以来変わらずのうまさを維持しています。

 

JAWS(ジョーズ)のラーメン

ジョーズのラーメン

こちらがJAWS(ジョーズ)のラーメンになります。ちなみに今回はチャーシューラーメンを選んでおりますので、通常よりもチャーシューが多めとなっています。

スープはやや醤油の味がする動物系のスープです。麺は中細のストレート麺となっており、なかなかコシのある麺となっています。

いわゆる、一昔から流行っているポタージュ系のスープですね。醤油が主張してきますのでまろやかなクリーミー感よりはコクの強いしっかりとした口触りです。カエシもなかなかの強めとなっていますので、ちょっと濃すぎる方は「カエシ少なめ」で頼んでみるのも良いかもしれません。

チャーシューは少し味が強めのやや固いチャーシューとなっています。ややスープに対して持て余してしまう感がありますので、ご飯などを頼んでおくとちょうど良いかもしれません。

 

JAWSのスープへのこだわり

スープは豚肉、鶏ガラ、牛肉を3日間かけて仕上げており、さらに煮干しとサバ節を合わせて作られているそうです。

たしかにコク深い味をしていますが、これはおいしいわけです。

 

JAWS(ジョーズ)のまぜそば

ジョーズのまぜそば

そしてこちらがJAWS(ジョーズ)のまぜそばです。お味は「醤油」を選びました。「カレー」バージョンではもう少し全体的にカレーがちりばめられたカレー色をしています。

また、今回は「チーズトッピング」「味玉トッピング」を頼みました。チーズトッピングは味玉と同じように丼に一緒から入れてもらうこともできますが、私は別皿でもらった方がタイミングを分けることができるのでオススメです。味玉トッピングは写真の左側にある味玉1個になります。デフォルトでも通常の生卵(写真中央)はついてきます。

他にも白ネギ、青ネギ、海苔、豚肉などなど様々な具材が乗っており、まさに至高のまぜそばとなっています。

 

ジョーズのまぜそば(混ぜた後)

こちらが混ぜた後のまぜそばになります。一見すると「そのあたりのお店で売っている適当なまぜそば」に見えないこともないですが、まったくの別物です。このレベルのまぜそばは大阪でもなかなか遭遇することができません。

私は他にもまぜそばのお店はいくつかお気に入りがありますが、そのどれにも引けを取らないほど完成度の高いまぜそばとなっています。

 

ジョーズの味玉

こちらがトッピングした味玉となっています。半熟と完熟の間くらいになっており、やや塩味の効いたおいしい味玉です。私はいつもトッピングしています。

 

ジョーズの〆ご飯

こちらがJAWS(ジョーズ)の〆ご飯になります。出汁とご飯、そしてご飯の上にはゆず胡椒が乗っています。

ゆず胡椒は一度に全部入れるのではなく、徐々に入れていき適量を探るようにしましょう。私は1/3~半分くらいでちょうど良かったです。友人は全部入れる派です。

 

ジョーズのつけ麺

今回は頼んでおりませんが、つけ麺もいろいろと楽しむことができます。机の横にはブラックペッパーやチリペッパーなどが置いてありますので、つけ麺を楽しむ際には味変化アイテムとしてオススメです。

もちろん、ラーメンやまぜそばの味変化アイテムとして使用することもできます。

 

大阪ラーメン界は常に激変しているので旨いお店はお早めに

 

ジョーズの看板

大阪ラーメン界は激動の時代を迎えています。半端なく旨かったお店でも、店主都合などにより閉店することもめずらしくありません。

また、旨かったお店のオーナーが変わって味が落ちてしまったり、コストダウンにより味が落ちてしまうこともめずらしくありません。

そんな中、このJAWS(ジョーズ)さんはオープン以来変わらずの安定した旨さを維持しています。

ラーメンで旨いお店を見つけたら、とにかく早いうちに堪能しておく方が良いですよ!

ホント、二度と味わえなくなってしまった至高のラーメン屋が多すぎます(´;ω;`)

 

ジョーズさんには末永く営業してもらいたいですね!

 

JAWS(ジョーズ)
住所:大阪府大阪市中央区上本町西2-1-11 楠本ビル 1F

電話:06-6767-8803

営業時間:11:00~15:00、18:00~23:00

定休日:月曜日