「じゃがりこ」のダジャレ一覧まとめ。キリンのギャグやボケを評価してみた

じゃがりこのダジャレギャグをまとめてみた

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

カルビーの定番お菓子「じゃがりこ」、そのパッケージの側面に延々と謎のダジャレをつぶやくキリンがいるのをご存知ですか?

モンストップだね!

食べだしたらキリンがない。

初めて見たときは「なんやこのわけのわからんオヤジギャグは…」と思ったのですが、このダジャレシリーズ…企画倒れになることなく延々と続いているのです。

ある意味スゴイですよね!当時は絶対に速攻で消えると思っていましたよ。

でも…あのゴリ押しのダジャレには魔力があるんですよ。

私は最初はキリンのダジャレシリーズを毛嫌いしていました。「さむいダジャレなんかパッケージに載せんなやアホか」と思っていました。

それがいつしか私も…

「じゃがりこ」の新商品が出るたびにキリンのダジャレをチェックするようになりました。ハマっています。心奪われたみたいです。

そんな「じゃがりこ」に書かれているダジャレシリーズ、せっかくなので振り返ってみたいと思いました。

すべての種類は無理ですが、有名どころをメインにキリンのダジャレシリーズを評価をしてみたいと思います。

 

かなりの長文です。目次だけでも十分かも。


■目次■

「じゃがりこ」キリンのダジャレシリーズを評価してみた

 

枝豆しおバター味「タイムイズマメー」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

まあ、正統派のボケですわな。

意味不明度・ゴリ押し感は共になし。これは誰でもわかるでしょう。

枝豆しおバター味「こだバッターからえだまめっちゃおいしーお!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:★★★★★
ゴリ押し感:★★★★★

なに言ってんやコイツ。

サッパリわからんかったけど3回くらい読み直したらやっと理解しました。

こだ「バッター」から「えだまめ」っちゃおい「しーお」!

ゴリ押しすぎるやろ!これを会話の中で思いつきでしゃべれたら天才やで。真顔で言えたらサイコパスや。

もはやオヤジギャグなんかどうかすらわからん。

おめで鯛味「絶タイ食べ鯛!おめで鯛!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

まあ正統派のボケですわ。語ることは特になし。

おめで鯛味「ファン鯛望の自信作」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

アカンな。普通すぎる。

20周年の記念フレーバーということもあり、ちょっと緊張していたのでしょうか?

いつものような勢いやゴリ押し感がありません。いつからそんないい子ちゃんになってもたんや…。

オリーブ&ガーリック味「強がーりっくなんだから、仲なおりーぶしよ♡」

オヤジギャグ度:☆★★★★
意味不明度:☆☆★★★
ゴリ押し感:☆☆★★★

なかなかヤバイ感じできましたなコレ。

かなりのサイコパス感をかもしだながら、それでいてそこまで外さずにわかりやすい。バランス型やな。

最後に「♡」をつけるセンスの高さに脱帽。

ゆず塩味「こんなにも美味しくてゆずして」

オヤジギャグ度:☆☆☆★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

ああ、こんなこと言ってるオッサンいそうやわ。

ゆず塩味「ユーズド ジーンズ コーナー ユーズドしすぎでしょ」

オヤジギャグ度:☆☆☆★★
意味不明度:★★★★★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

これはまた一点集中型のボケで攻めてきましたね。

なんで唐突にユーズドジーンズコーナー、そして謎のツッコミ。

いやはや、これはレベルが高いですわ。安定の意味不明です。

タンドリーチキン味「ついにこの味にたんどりーついたー」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

う~ん、これもオッサンとかが言ってそうですね。オヤジギャグ路線です

タンドリーチキン味「スパイス好きの私にぴっタンドリー、とってもおいチキン!」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆★★
ゴリ押し感:☆☆☆★★

かなりのオヤジ臭をかもしだしています。

ゴリ押し感がありつつ実はなくて、正統派のオヤジギャグですね。

明太チーズもんじゃ「この味、どんなもんじゃ!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

う~ん…ありきたりすぎ!

アボガドチーズ味「食べてくれてどうもアボガド」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆★★
ゴリ押し感:☆★★★★

なんかちょっと無理あるやろコレ!初めて見たときアボガト(アホかと)思ったわ。

うにクリーム味「ほっぺたおちそうにビックリーム!!」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆★★★★

ビックリームに目がいきがちですが、おちそ「うに」ビッ「クリーム」とウニ要素もしっかりと入っていたんですね。

こいつはトリッキーな。

梅こぶ茶味「よし、上まではこぶっちゃ!」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆★★★
ゴリ押し感:☆☆★★★

上(梅)までは「こぶっちゃ」ってなわけか。ゴリ押しやけれども嫌いやないで。

塩レモン味「こんなに運びきれんもん!」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆★★★

一発ギャグやな。

塩レモン味「どレモンこレモンおいシーオ♡」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆★★
ゴリ押し感:★★★★★

ゴリ押し特化型のヤバイやつや。なにがヤバイって最後の「♡」にサイコパス感を感じる。

すき焼き味「この味、大スキヤキ」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

安定の優等生タイプやな。優等生すぎて面白くないやつや。

すき焼き味「喜びのスキ~ップ わ~い わ~い」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

やっぱり優等生やな。

バターチキンカレー味「故郷におわカレー」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

学生時代…「今日は疲れたから帰りにおつカレーや」とか言ってカレー屋に突撃してた奴がおったな~(遠い目)。

コーンバター味「コーンなに美味しいからバタバタ―しちゃう」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

ちょっといまいちやな。

コーンバター味「キーンコーン カーンコーン」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆★★★★

このろくでもない勢いは大切にしたいです。

明太チーズ「ごめんなたい…チズかなかった!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

「ごめんなたい」は鯛味やと思うんよね。

バター味「カップりよつ」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:★★★★★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

なんやコレ…。

相撲の「がっぷり四つ」か。これは意味不明やろ。

クリームチーズ味「びっクリームするほどおいチーズ!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

普通やな。

クリームチーズ味「ふと、ちずけば買いまくりーむ!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆★★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

ダジャレの中にも宣伝を入れるキリンさん、さすがやで。

でもクリームチーズやなくてチーズクリームになっとるで。

はちみつバター味「ハニかむ君の心をうバッター!」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆★★

これは今までの路線とは一風違いますね。

ハニー(はちみつ)とかけてきましたか、新鮮です。でもありきたりやな。

はちみつバター味「じゃがりこファンと一緒につくりました。は~!ちみつな計画!」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆★★★★

ゴリ押し感がなかなか。前半部分は必要なのか?

お好み焼き味「君の決め手はソースじゃろ?そーっす」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

正統派やな。相手が小学生やったらウケたかもしれん。

お好み焼き味「うまソーッス!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

お好み焼き味さんは純粋やな。小学生にはウケるタイプかもやしれん。

カルボナーラ味「クリーミーさに、びっクリーミー」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

直球できましたな。

うめぇ味「うまみがうめに加わって こりゃうメェ~!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

うめぇ味とパッケージ自体がボケている割にはインパクトが薄い。

手羽先味「じゃがりこ、あいちてまーす♪

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆☆☆★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

嫌いではない。

肉の十字レーザー味「モンストップだね!」

オヤジギャグ度:☆☆☆☆★
意味不明度:☆☆☆★★
ゴリ押し感:☆☆☆☆★

これは味のネーミングがすでに攻めています。

サラダ味「食べだしたらキリンがない」

オヤジギャグ度:☆☆★★★
意味不明度:☆☆★★★
ゴリ押し感:☆☆★★★

決して何かに特化しているわけでもないけれど、バランスの取れた主人公タイプ。

やっぱり「じゃがりこ」といえばコレですわ。

結論、ダジャレ担当者は天才

コレ考えているの絶対オッサンやろ!

と思いつつも、たまに見せる狂気のゴリ押し感がクセになります。

よくこのダジャレ企画を提案しようと思いましたね。

そして、今まで継続してきましたね。

こいつは並みの精神力・意思の強さでは提案できない企画です。

だって「じゃがりこ」のメインターゲットは女子高生ですよ。なかなかのチャレンジャーです。

担当者は天才に違いないでしょう。

私はこれからもキリンのダジャレシリーズに注目したいと思います。