クリームチーズのトッポを食べてみた感想。ホワイトチョコが強い。コラボ商品

トッポとキリとのコラボ

こんにちは けいこぶ(@kei_cob) です。

キリ クリームチーズを使用したトッポが発売される!?

そんな情報を仕入れました。

トッポといえば…

ロッテ トッポ 2袋×10箱

トッポです。

対してキリ クリームチーズですが…

[冷蔵] キリクリームチーズ10P

こんなやつです。スーパーなどで見かけたことはないでしょうか。

キリ クリームチーズとは?
キリ クリームチーズとは1966年にフランスで発売されたクリームチーズのブランドです。

今や世界130ヵ国で発売されており、日本においても1983年から販売が開始されました。

「クリーミーさ」「酸味」「塩味」のバランスの良さが特徴です。

そんなトッポとキリ クリームチーズ。

それら2つが融合したとのことです。

早速、コンビニに探しに行きますと…

トッポクリームチーズはコンビニで発売

ありました!「味わい特別トッポ<コクのホワイト>」です!

お値段は税込み267円、なかなかぜいたくなトッポですね。

早速食べてみましたのでご紹介したいと思います。


「味わい特別トッポ<コクのホワイト>」を食べてみた

 

まずは外観です。

トッポクリームチーズの表麺 トッポクリームチーズの裏面

青色を基調としたキレイなパッケージですね。

トッポとキリクリームのコラボ

表面にはkiri(キリ)のロゴが入っています。

贅沢なトッポシリーズ

コクのホワイト

少し太めで、ちょっと贅沢なトッポシリーズです。

太めに焼き上げた香ばしいプレッシェルに、kiriクリームチーズで仕上げたコクのあるホワイトチョコをたっぷり閉じ込めました。特別な味わいを感じられるちょっと贅沢なトッポをお楽しみください。

パッケージの裏面にはなかなか美味しそうなPRが書いてありますね。

ちなみにプレッシェルとは…

トッポはプレッシェル

トッポの筒状の部分のことです。

プレッシェルとはドイツ発祥の焼き菓子のことです。なるほど、トッポってドイツのお菓子に近いんですね。

ちなみに本来のプレッシェルは独特な結び目の形に作られています。

プレッシェル

(出典:Wikipedia「プレッシェル」より)

こんなお菓子みたことないですか?

あれがプレッシェルです。

トッポの袋を開けていくと…

トッポクリームチーズ味

1袋に2パック、1パックに7本のトッポが入っていました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなり太めです。

通常のトッポの1.1~1.2倍はあるんじゃないでしょうか。

トッポのクリームチーズ

トッポを折ってみるとクリームチーズで仕上げられたホワイトチョコが出てきました。

気になるお味ですが…

チーズ感は抑えられていますね。かわりにホワイトチョコの味が強いような印象を受けます。

チーズを期待していると少しものたりないかもしれません。

逆にホワイトチョコとして楽しむならば…なかなか美味しいですよ!

私はチーズよりもホワイトチョコの方が好みですのでちょうどよかったですね。

ここがPOINT
チーズ味は弱め。期待するとガッカリするかも。

ホワイトチョコとして食べるならば絶品。トッポが太めなため食べ応えはあります。

まろやかミルクとはちょっと違った感じ

ロッテ トッポ<まろやかミルク> 10個セット

トッポクリームチーズはクリーム部分だけ見れば、以前に発売されていたトッポまろやかミルクに似ています。

ただ、わずかとはいえクリームチーズの味がしますので別物です。

クリームチーズが弱いとはいえ、まったくしないわけではありません。

ひと味違ったトッポとしてお楽しみください

 

クリームチーズとしてはいまいちインパクトに欠けた新商品でしたが、なんだかんだでパキッサクッと気づけば食べ終わってしまいました。

やっぱりトッポは食感が良いですね。

トッポはプレッシェル

ちょっと商品の紹介とは異なりますが…

あのトッポの表面の謎の焦げた模様って、実はトッポを焼き上げたときの焼網のあとがついているって知っていましたか?

プリッツやポッキーもそうですが、しっかりと焼き上げているからこそパキッとした食感が実現できるのでしょう。

「味わい特別トッポ<コクのホワイト>」

ひと味違ったトッポとしてご賞味されてみてはいかがでしょうか。

以上、トッポとキリの新商品「味わい特別トッポ<コクのホワイト>」のご紹介でした。