昔のブログみたいなオピニオン系の記事をもっと書こう

こんにちは けいこぶ です。

日々、勉強もかねていろいろなブログを閲覧しています。そんな中、ふと思うんです。

自分の意見だけを述べるブログって減りましたよね

いわゆるオピニオン系ブログといった類です。もちろん、今でも多くのオピニオン系ブログはありますが、それでも昔の比ではありません。

特にブログ形式ではないサイト形式のホームページはほとんど見かけません。

昔は「管理人のつぶやき」みたいなサイトが多かったんですよ。完全な自己満足型のサイトです。商品紹介などは一切なく、ほとんどは自分語りで埋め尽くされた典型的なオピニオン系の発信サイトでした。

今ではあまり見ないですよね。

そんなにオピニオン系のブログってダメなのでしょうか?

ブログのオピニオン記事について思うところを書きたいと思います。

 


オピニオン系の記事だっていいじゃない

 

いきなり結論から言えば、私はオピニオン系の記事がブログにあっても良いと思っています。

なぜなら、それが本来のブログの姿だと思っているからです。

でも、いろいろなブログを読んでいるとオピニオン系の記事は何かと「書いてはいけないモノ」扱いをされていますよね。

  • オピニオン系の記事を書いたらSEO的にマイナスになる
  • 弱小ブロガーがオピニオンしたところで誰も見ない
  • ゴミ記事を量産したところでブログは成長しない
  • 見ていて恥ずかしいからやめろ

でも…思うんです。

そんなの知らんがな^^;

SEO的にマイナス?

オピニオン系の記事を書いたくらいでマイナスにするような陰キャシステムならこっちから願い下げです。

ブログの統一性?

そんなのを細かく気にしすぎたらノイローゼになってしまいます。特に雑記ブログならオピニオン系の記事こそ持ち味になると思うのです。

弱小ブロガーがオピっても誰も見ない?本当にそうでしょうか?

自分自身がネットサーフィンするときに、管理人が弱者ブロガーかどうかなんて意識していますか?

少なくとも私は有名ブロガーかどうかなんていちいち確認していません。

書いてある内容がどうかが重要であって、管理人がどうかなどは気にしていません。

記事を読んでいく中でこのブログの管理人ってどんな人なんだろう?と思うことはあっても、記事を読む前に管理人って誰なんだろう?とはなりません。

何回も同じ人が出てきて『またこの人のブログか』と思うことはあります。ブログの管理人は記事から自然に覚えていきます。

オピニオン系の記事を書くのって有名ブロガーの特権ではありません

私はそうおもいます。

インフルエンサーじゃないと意味がないならオピニオン系の記事を書きながらインフルエンサーになったらええやん^^

インフルエンサー

インフルエンサー (英: influencer)は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと

(出典:Wikipedia「インフルエンサー」

 

ゴミ記事を量産してもブログは成長しない?でもオピニオン系の記事ってそんなにゴミ記事ですか?

ちなみに日記系の記事は私もゴミだと思います。あれは擁護できないほどのゴミ記事です。これは20年前から変わらず思っています。

現に10年以上放置している私の日記ブログは、今読んでも黒歴史です。

「今日は豚骨ラーメンを食べすぎて吐きそう」「最近、少し太ってきてヤバイ」

Twitterで勝手につぶやいてろといった記事であふれています。アレこそが真のゴミ記事です。

それに比べるとオピニオン系の記事って、私は全然ゴミ記事じゃないと思うんですよ。

自分の意見を述べただけでブログ全体のアクセスがゴミになってしまうような記事なら、それはオピニオン記事がゴミなのではなくて述べているオピニオンがゴミなんだと思います。内容がペラペラで読む価値がないとか、他で聞いたことがあることばかりとか。

しかしそれでも、ゴミというのはどうなんでしょう。私はトレンド系の記事よりも息が長い立派な記事だと思いますよ。

 

見ていて恥ずかしいからやめろ?

そんなの知らんがな^^;(2回目)

 

本来のブログの姿って何?

 

思うんですけどブロガーにとってのブログって何でしょう?お金を儲けるためのツール?商品を紹介するためツール?

私は誰かに何かを伝えたいツールだと思っています。

こんなことを誰かに伝えてみたい、この情報を多くの人と共有したい。そんな気持ちからブログを始めるのが本来のブログではありませんか?

 

それやったらアフィリエイトブログも何かを伝えたいブログやで^^

となるのですが、私の価値観だとアフィリエイトブログの定義は少し独特です。

情報だけがつまってオピニオンが一切ないブログはアフィリエイトブログ、オピニオンが少しでも入っているのはアフィリエイトブログではなく立派な個人ブログだと思います。

私の定義であてはまるアフィリエイトブログってほとんどないと思います。昔はネタのようなアフィリエイトブログで溢れていたんですけどね。

 

オピニオン系の記事は資産になる

オピニオン系の記事は資産になる。これも昔から言われていることです。

ここで言う資産は何もお金に関することだけではありません。自分自身にとっての資産にもなると思っています。

『この時期はこんなことを考えていたのか』と後でふり返るのにブログって最適なツールだと思います。

結構おもしろいですよ。数年経ったら価値観が逆転しているなんてのはめずらしいことではないですしね。

それを見ながらさらにブログを続けていくのがブログの醍醐味だと思っています。

 

まとめ

 

ブログを始めて2ヵ月、ちょっと情報発信系のネタばかりを集め続けて疲れてきた中で、オピニオン系の記事の大切さに気づきました。

そうだ、本来のブログって情報雑誌みたいなのを作っているんじゃない^^;

そんなあたりまえのことを思い出しました。

いろいろなブログを閲覧しているうちに、自分も情報雑誌を作らなきゃ!って考えに陥っていたんでしょうね。

ムリして情報雑誌を作ってブログをやめてしまうくらいなら、オピニオン系の記事でも書いて気晴らしをしようと思います。