au版SIMロック解除スマホに入れる格安SIMの種類を間違えていないか?【VoLTE】【黒いカードと白いカード】

黒いSIMカードと白いSIMカード

こんにちは けいこぶ です。

最近、スマホを新しく買い換えました。

HUAWEI P20 lite au

購入したのはこちら HUAWEI P20 lite HWV32 です。

au版は内蔵メモリが64GBと他のシリーズよりも大きいのでとても魅力的でした。スマホ専門店でSIMロック解除版が安く売っていたのでついつい買ってしまいました。

 


格安SIMの種類を間違える大失態

 

この機会に、格安SIMなるものに変えてみよう!

なぜかいきなりそう思い立って、格安SIMなるものを契約しようと思い立ちました。

しかしながら、格安SIMに対する知識が皆無な私。何を選んでよいかサッパリわかりませんでした。

 

その後、あれやこれやと格安SIMについて調べた結果、どうやらUQモバイルがキャリア以外では最も通信速度が速くて安定すると知りましたので、さっそくUQモバイルのホームページから格安SIMを取り寄せようと思いました。

LTEとVoLTE

こちらがUQモバイルのホームページになります。赤文字で超重要と書きましたが、購入前に動作確認端末一覧でSIMの種類を確認してからSIMカードを選ばなければいけません。

そう、事前に確認しなければいけないのです。

それが何を血迷ったか、私…LTE用のSIMカードを注文してしまったのです^^;

何をしていたんでしょうね…

 

HUAWEI P20 lite=nanoSIM=おっ!nanoSIMあるやんけ^^

 

こんな単純な思考回路で何も考えずLTE用nanoSIMと書かれたSIMを注文しました。

コレ、実はVoLTE用を選ばないといけなかったんですね(しかも P20 lite は動作保証なしの自己責任)。

 

SIMを入れても動かない悲劇

注文した翌日、さっそくSIMが届きました。

黒いnanoSIM

それがコチラです。黒いnanoSIMカードです。

しかしコイツを入れても…

 

こんな画面が出てきてSIMが認識されません(´・ω・`)

SIMネットワークサブセットロック解除NCKという見ただけで吐きそうな謎文章が出てきてロックが解除されません。

 

その後、他のサイトを見て解決策を探しましたところ…

上記の画面では「無効」を選択⇒メイン画面⇒基本フォルダ⇒設定⇒システム⇒端末情報⇒端末の状態⇒SIMロックの状態⇒「SIM STATUS UPDATE」を選択するとうまくいくよと見つけましたので、さっそく試しましたが…

 

やっぱり動きません^^;

このあたりでようやく、SIMの種類を間違えていたことに気づきました。上の画面は「SIMロックの状態」になりますが、ステータスが「未許可」になっていますよね。この時点でSIMを認識していないのです。

 

しっかりとnanoSIMを入れたのに何がアカンねん(;´Д⊂) 

 

と悲しみに明け暮れましたが、どうやらLTE用とVoLTE用のnanoSIMがあることを知りました。

 

LTE用SIMとVoLTE用のnanoSIM

 

LTE?VoLTE?

サッパリわけのわからない単語ですが、どうやらこれの種類を間違えていたようです。

しかも、VoLTE対応端末ではVoLTE用のSIM、LTE対応端末ではLTE用のSIMと分けているのはauだけだとか。

 

こんなトラップ、キャリアでauを使っているユーザーじゃないとわからないじゃないですか(´;ω;`)

見事に間違えてしまいました。

 

そして私の購入した HUAWEI P20 lite HWV32 はVoLTE対応端末とのこと。ああ…本当にやってしまった。

 

LTEとVoLTE

UQモバイルのホームページ…マルチSIMなどと書かずにnanoSIM(VoLTE)と書いてくれれば初心者の私も気づけたかもしれません。

マルチSIMってカードのくり抜き方でmini、micro、nanoの3つに分けられますよって意味でのマルチだったんですね。私はてっきりマルチという独自の規格があるのかなと勘違いしてしまいました。

 

しかも、あらためて動作確認端末で確認すると、私の購入した HUAWEI P20 lite HWV32 はVoLTEの動作保証外であり、あくまでも動作確認は自己責任とのことです。種類を間違っていただけでなく、UQモバイルでは動作保証外であると…。いろいろと準備不足・勉強不足だったと痛感します。

 

ちなみにSIMカードの種類を変更するには手数料として3000円程度かかってしまいます。私のようなバカな間違いをしてしまった人は、おとなくしくお金を払うかカスタマーセンターに泣きつきましょう。

 

VoLTE用のnanoSIMで再チャレンジ

 

その後、いろいろと手続きを進めまして、VoLTE用のnanoSIMを入手しました。

VoLTE用のnanoSIM

LTE用のnanoSIM(黒いカード)と全然違います!こちらは白色ですね!

 

今後はSIMロックの状態でのステータスが「許可」となり、しっかりとSIMを認識してくれたみたいです。

その後の通信も問題なく使用できていますので、とりあえず問題はひと段落したみたいです。これで私も晴れて格安SIMデビューしました。

HUAWEI P20 lite の動作を保証するものではありませんので、あくまでもVoLTE用SIMの使用は自己責任でお願いします

 

UQモバイルなら専門店に行ってお試しSIMを使おう

 

私はUQモバイルの格安SIMを契約しましたが、UQモバイルでは15日間無料で格安SIMを試すことのできるお試しSIMなるモノを取り扱っています。

それなので、SIMの動作や手続きが心配な人はとりあえずUQモバイル専門店に行きましょう。きっと担当の人がわかりやすく説明してくれるに違いありません。

 

UQモバイル専門店

UQモバイルの専門店(正式名称「UQスポット」)は「UQスポット一覧」よりご確認いただけます。私のようにネット手続きで失敗するくらいならUQスポットに行ったほうが無難です。

 

Try UQ

UQスポットでしたら、ほぼ確実にお試しSIM(Try UQ)を取り扱っていると思います。こちらで端末の動作確認を行った後、そのまま使えそうでしたら契約を行うのが安全です。私の場合は動作保証外の端末でしたので、お店でお試しSIMを用いて動作を確認した後、自己責任にて本契約を行いました。

動作保証外端末は結局のところ自己責任になりますが、それでもお試しSIMでの動作確認が行えるだけで安心感が違います。

 

家電量販店ではUQモバイルのお試しSIMはほとんど扱っていない

UQモバイルのカスタマーセンターでは、UQモバイルのお試しSIMを扱っている店舗として家電量販店を紹介されることも多いですが、実際のところ扱っていないパターンが多いので注意が必要です。

私の場合は紹介された3つの家電量販店を周りましたが、いずれもお試しSIMは扱っていませんでした。

 

確実にお試しSIMを試したい場合はUQスポットに行くのが確実みたいです。

 

皆さんは私のような悲劇(LTE⇔VoLTE)を繰り返さないでください!

動作端末とSIMカードの種類は間違えないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です